Wi-Fi

Wi-Fiを離れに飛ばすにはどうすればいい?

投稿日:

自宅内で気軽に固定回線に接続できるようになるWi-Fiルーターはとても便利です。
でもWi-Fiは届く範囲にある程度の制限があります。

LANケーブルのように100m先の別の端末につなぐことが出来るか、と言われると
ちょっと大変な気もします。

それに別の建物、母屋ではなく離れのようなところにある部屋でWi-Fiを使うには
どうすればいいのか、電波を飛ばす方法を考えてみましょう。

   
   

家庭用のWi-Fiルーターでも半径10m程度は電波が届く

まずは一般的なWi-Fiルーターの性能について。
現在市販されているWi-Fiルーターでも、半径10mくらいは普通に電波が届きます。

エントリーモデルのかなり安いWi-Fiルーターでも最低10mは普通に使えます。
隣の部屋くらいなら何の問題もなくWi-Fiを飛ばすことが出来ます。

高性能のWi-Fiルーターになれば、もっと遠くまで電波を飛ばすことが出来ます。
更にアンテナの方向を変えることが出来るなら、強い電波を飛ばすということも。

でもこれらの商品は基本的に「室内での利用」を考えて作られています。
家の外にある、離れに電波を届かせるというのは多少難しいと考えられます。

理由としては、家の外壁に使われている断熱材などが電波の通りを悪くすること。
室内の壁よりも厚い壁を通して電波が遠くまで飛ばないことなどがあります。

それにWi-Fiに使われている5GHzの周波数帯電波はそもそも障害物に弱く反射して
遠くまで届かないことが多い、という特性を持っています。

遠くまで届く2.4GHzの周波数帯電波も使えるのですが、そちらは安定性がちょっと
悪くなるというデメリットも。

色々な理由から現状のWi-Fiルーターでは屋外にある離れまで電波を飛ばすためには
ちょっと使いにくいという印象になります。

   
   

Wi-Fiルーターの設置場所という問題も出来る

性能の良いWi-Fiルーターを使えば、確かに10m以上の距離でもWi-Fi電波を飛ばして
通信ができる様になる可能性はあります。

ただしその場合、Wi-Fiルーターの設置場所という問題もでてきます。
Wi-Fiを離れに飛ばすには、離れに近い場所に設置することが必要になります。

でも離れに近い場所にWi-Fiルーターを設置すると、今度は室内の他の場所で
Wi-Fiを受信することが難しくなる可能性が高くなります。

アンテナを全て離れに向けてしまえば、やはり室内への電波の届きも悪くなるので
離れとは逆方向にある部屋ではWi-Fiが使えなくなるということも。

アンテナの方向を変えられないWi-Fiルーターでも、電波の届く範囲というのは
ある程度決まっているので、家の中心部分に置くことが一般的です。

それを離れの近くに設置する、ということはやはり他の場所でWi-Fiの電波が
届きにくくなるという可能性はかなり高くなります。

離れ以外でインターネット回線接続をしないなら、そもそも離れにWi-Fiルーターを
設置すればいいだけなので他の場所でも使うことが前提という事になります。

離れのそばにWi-Fiルーターを設置するのは、かなり使いにくくなることが簡単に
予想できるのでおすすめできません。

Wi-Fiを離れに飛ばすためには1台のルーターでは無理

かなり高性能のWi-Fiルーターを使ったとしても、母屋とは別にある離れにまで
Wi-Fi電波を飛ばすことはかなり難しいと考えられます。

母屋のWi-Fiルーターの電波を離れまで飛ばそう、と考える場合には離れの場所は
かなり母屋に近いところにあると考えられます。

それでも一度母屋から外に電波を飛ばして離れでWi-Fi電波をキャッチするというのは
かなり厳しい状況になります。

しかも母屋でもWi-Fiルーターをインターネット接続に使う、ということになれば
Wi-Fiルーター1台で行うというのにはかなりの無理があります。

ではWi-Fiを離れに飛ばすにはどうすればいいのか。
単純に考えればWi-Fiルーターになにか補助を付けて電波を飛ばすことが必要です。

何を使えば離れでもWi-Fiを使えるようになるのか。
使えるアイテムを探してみることにしましょう。

   
   

中継機を使って離れまでWi-Fiを飛ばす

Wi-Fiルーターはある程度の距離以上にはWi-Fi電波を飛ばすことが出来ません。
ルーター本体の性能にもよりますが、障害物が多いところではなおさらです。

そこで遠くまで電波が届くように、途中で電波を中継させる装置があります。
それが「中継機」という商品です。

最近ではホテルなどちょっとWi-Fi電波が弱いところでも快適に使えるように
持ち運びができる中継機なども多くなってきました。

これを使えば、Wi-Fiルーターの対応エリア外でも電波を受信できるように
対応エリアを広げることが出来るようになります。

家の中心にWi-Fiルーターを設置した場合でも、Wi-Fi電波の範囲内に中継機を設置
そこから更に遠くまで電波を飛ばすことが出来るようになります。

これを使えば離れまでWi-Fiを飛ばすには効果的と考えられます。
当然設置場所はしっかりと選ぶことが必要になりますが。

Wi-Fiルーター本体から離れたところでも電波を受信できるようにする中継機なら
十分に使えるという印象です。

中継機でもある程度の距離があると電波が届かない

母屋と離れの距離が近く、中継機もそれなりの性能を持っているなら十分に電波が届く
という期待をすることが出来ます。

ただ中継機自体、Wi-Fiルーターの電波を中継するだけなので元々の電波以上の
力を持っているわけではありません。

中継機の場合、親機となるWi-Fiルーターの対応エリアよりも狭くなることが多いので
場合によっては離れまで電波が届かないという場合も。

それにやはり中継機は厚い壁に電波を通すということが難しいので、外壁を通して
離れに電波を届かせるというのはちょっと厳しいところもあります。

かなり性能の良い中継機を使えば十分に離れにWi-Fiを飛ばすために使えるとは
思うのですが。

離れでのWi-Fiが使える範囲はちょっと狭くなる可能性は高いと考えられます。
更に中継できる商品がなければかなり厳しいかと。

   
   

メッシュWi-Fi対応の機種を使う

Wi-Fiルーターには最近「メッシュWi-Fi」という広範囲に電波を飛ばすための方法に
対応している商品が増えています。

メッシュWi-Fiとはその名前の通り、網の目のように広がって広範囲に親機の
Wi-Fi電波を飛ばすことが出来る子機とのセット商品のことです。

サテライトなど色々な名称がある子機と親機がセットになり、同じSSIDの電波を
子機が中継して広範囲にWi-Fiを飛ばすことが出来るのです。

電源供給が必要なのである程度の設置場所が制限されますが、親機のWi-Fiエリアと
同じような広さの電波受信可能エリアを広げることが出来ます。

中継機と違い、子機同士も電波を中継できる商品も多いので子機を増やせばかなりの
広範囲にWi-Fi電波を飛ばすことが出来るようになります。

しかも子機のSSIDは親機と同じなので、端末を持ったまま移動しても接続する
Wi-Fi機材を切り替える必要がありません。

子機のエリアから移動して親機のエリア、または別の子機のエリアに入ったとしても
電波の状況は変わりなくそのまま使い続けることが出来るのです。

商品によって増やすことが出来る子機の数に違いはありますが、離でもかなり
広いエリアで親機と同じ電波を使うことができるようになります。

Wi-Fiルーター本体や子機の値段が高い

子機を増やせばそれだけ広いエリアでWi-Fiが使えるようになるメッシュWi-Fiですが
子機を増やせばそれだけコストが高くなります。

そもそもメッシュWi-Fi対応のWi-Fiルーターは本体と子機がセットになっているので
普通の商品よりも値段が高いです。

しかもWi-Fiを離れに飛ばすには、それなりの数の子機が必要になる場合も。
追加で増やす子機の値段もそれなりに高くなる、という可能性があるのです。

それとメッシュWi-Fi対応の商品は、今日本の国内で提供されているIPv6方式の
通信サービスが使えないという機種も多いのです。

海外の製品にはメッシュWi-Fi対応商品が多いのですが、日本国内メーカーの対応は
ちょっと遅れています。

そして日本国内で提供されている通信サービスの動作確認が行われている製品は
日本のメーカーの商品が多くなります。

海外製品の多いメッシュWi-Fi対応のルーターではIPv6方式の通信サービスに
対応していることが確認されていないので、使えないということも考えられます。

IPv6方式の通信サービスはIPアドレスの枯渇問題とプロバイダの混雑解消にも
効果が期待できるとても人気のサービスです。

これが使えない可能性が高い、というのがかなり大きなデメリットになります。

屋外対応の無線アクセスポイントを利用する

基本的にWi-Fiルーターは室内での利用が考えられています。
でも屋外で電波を飛ばすということも、アンテナによっては出来るのです。

屋外に設置できるアンテナを使って無線アクセスポイントを作ります。
SSIDとパスワードを公開しなければ基本的には他人がアクセスすることは出来ません。

母屋に電波を送信するアンテナを設置、離れには受信のためのアンテナを設置すれば
遠く離れた場所にもWi-Fi電波を飛ばすことが出来るようになります。

基本的には業務用の無線アクセスポイントを使うので、Wi-Fiの通信可能距離は
300mから長いものだと1,000mまで届くというアンテナもあります。

離れにのみ電波を飛ばすだけなら「指向性アンテナ」を使えば離れに向けて全ての電波を
飛ばすことが出来るようになります。

離れでも受信用の指向性アンテナを使って受信すれば、屋外でも安定したWi-Fi通信が
可能になるはず。

遠く離れたところまでWi-Fi電波を飛ばすためには無線アクセスポイントを使う
という方法もあります。

業務用なので設備投資にかなりのコストがかかる

業務用の無線アクセスポイントを使う場合、取り扱われる商品が基本的に業務用なので
かなり高い商品を購入することが必要です。

電波を飛ばすための指向性アンテナは安くても40,000円くらいは必要です。
これに屋外での利用に耐えることが出来る、耐久性の高いケーブルも必要です。

更に受信するためのアンテナもやはり高く、安いものでも30,000円以上します。
これに耐久性の高いケーブルも必要になるのは同じです。

状況によっては設置工事費用もかかるので、トータルすると10万円以上のコストが必要
という状況になります。

耐久性も高く、通信の安定性もとてもいいのですがとにかくコストがかかります。
商品の購入と設置には時間がかかるという場合も多いかと。

それに屋外で電波を飛ばしているので離れ以外でも電波が受信できてしまう可能性は高く
SSIDとパスワードの管理はかなり重要になります。

はっきり言えばホテルやキャンプ場、建物の監視カメラの操作や農業のIoTなどで
使われるのが無線アクセスポイントです。

自宅でWi-Fiを離れに飛ばすために使う、というのはあまりないかと。
かなりコストがかかるのでおすすめしにくいというところでもあります。

モバイルバッテリーとUSB接続の中継機を使う

ちょっとイレギュラーな方法ですが、USB接続の中継機を使うという方法なら
電源の位置を気にせずに中継機の設置場所を選ぶことが出来ます。

USB接続の中継機の場合、パソコンのUSB端子などに接続できる商品として使い方が
注目されているのですが。

このUSB接続の中継機をモバイルバッテリーにさして使う、という方法なら
設置したい場所に電源がなくても中継機を置くことが出来るのです。

モバイルバッテリーはケーブルが着脱できるもので、USBタイプAに対応している
というかなり限られた商品になります。

普通はケーブルを使ってスマホやパソコンとつないで電源供給をするのですが
今回はそのまま中継機のバッテリーとして利用することになります。

はっきり言えば本当に置く場所を選ばないので、ちゃんとした対策をとっておけば
屋外に置いてもちゃんと使う事が出来ます。

コンセントの場所を選ばずに使えるので、母屋から離れの途中に設置場所を作って
Wi-Fi電波を中継するということも可能になります。

モバイルバッテリーの充電が必要になる

デメリットとしては、中継機の電源にモバイルバッテリーを使っているので
そのモバイルバッテリーをこまめに充電する必要があります。

複数のモバイルバッテリーを使えば、交換しながら充電して使うということも出来ます。
ただしその分のコストが必要になるのですが。

屋外に設置するにはかなりしっかりとした防水対策と防犯対策が必要になります。
水に濡れてしまうとモバイルバッテリーが漏電して使えなくなるということに。

それにUSB接続の中継機では性能的な問題もあります。
それほど高い性能の商品を望むことは難しいかと。

USB接続の場合、かなり簡易的な中継機ということも多いので結局は普通の中継機と
同じくらいのエリアで使えるようになるだけという状況になる可能性もあります。

性能的にも中継機を複数中継することが出来る、という商品は多くはないので
ちょっとした応急処置的な使い方になるという気もします。

使い続ける場合はやはりモバイルバッテリーの充電がとても大きな問題になるので
それを解消できる方法を探すことも必要になります。

離れにWi-Fiを飛ばすために出来ることは多いがデメリットも多い

母屋の他にもWi-Fiが使えるようにするための方法には色々ありました。
離れにWi-Fiを飛ばすための方法も色々と考えられます。

ただどの方法にもメリットとデメリットがあります。
場合によってはかなり大きなデメリットになる可能性もあります。

現状としては中継機と同じ、子機を複数つなぐことが出来るメッシュWi-Fiを使う
というのが一番おすすめしやすい方法です。

ただし子機の数が増えれば当然その購入コストがかなり大きくなります。
またIPv6方式対応商品となると、選択肢はかなり少ないかと。

でも業務用の無線アクセスポイントを購入するよりも安いはずですし、安定性も
家庭用のWi-Fiルーターではそれなりに高くなっていると考えられます。

離れの場所にもよりますが、それほど距離がなければメッシュWi-Fi対応商品を
利用するというのがおすすめです。

別回線を使うならモバイルルーターという方法もあり

一応今回は母屋で使っている回線を離れにWi-Fiで飛ばすための方法を考えてみる
ということでしたが。

同じ回線にこだわらずに、別の回線を使ってもいいならWi-Fi接続がやりやすい
モバイルルーターを使うという方法もあります。

最近ではかなり安く、月額3,000円程度でも20GB以上のデータ通信ができるサービスは
多く提供されています。

離れに固定回線を引くことが難しく、母屋からWi-Fiを飛ばすのも大変というなら
モバイルルーターを利用するというのもおすすめです。

当然別回線なので月額料金がかかることになりますし、固定回線と違ってデータ通信の
上限が決まっているサービスということに。

Wi-Fiを使った回線サービスを使うだけならこんな方法もあります。

   
   

-Wi-Fi

Copyright© ソトネット , 2021 All Rights Reserved.