Wi-Fi

Wi-Fiの電波はあるのに繋がらない時にはどうすればいい?

投稿日:

有線ケーブルを使わずにネットワーク接続が出来る無線LANはとても便利です。
その規格の1つ、Wi-Fiはかなり多くのところで使う事ができるようになりました。

自宅でもWi-Fiルーターを使っているという方も多いのですが、そのWi-Fi電波が
あるのにインターネットに繋がらないという状況になったことはありませんか?

この「Wi-Fiの電波があるのに繋がらない」という状況を改善するための方法を
考えてみることにしましょう。

   
   

Wi-Fiの電波があるのに繋がらない原因がどこにあるのか考える

Wi-Fiの電波がある、と確認できるのに端末などがインターネット回線に繋がらない。
ということは端末では電波が受信できているという状況にあるということに。

これだけを考えると、Wi-Fiルーターと端末はWi-Fiでの接続が出来ているという
状況ということが考えられます。

ただしWi-Fi接続が出来ているから、どちらも正常に動いているというわけでもない
というのが正直なところです。

Wi-Fiでの接続が出来ていても、端末もしくはWi-Fiルーターやインターネット接続回線の
どこかに異常があるということも多いのです。

そこでまずはWi-Fiの電波があるのに繋がらないという状況の原因がどこにあるのか。
それを確認することがおすすめです。

どこに原因があるのかがわかれば、後はそれを解消していくだけです。
まずは端末と回線関係のどちらに原因があるのかを判断しましょう。

   
   

回線に問題があるなら乗り換えも考える

Wi-Fi電波があるのに繋がらないという場合、原因としてインターネット接続サービスの
回線自体に問題があるという可能性も。

単純なものでは回線のメンテナンスなど、一時的なものもあるのですが。
それとは関係なく、頻繁に繋がらないという状況が起きる可能性もあります。

この場合、インターネット回線接続サービス自体の安定性に問題があるということも。
それならサービスを変更することも考える必要があります。

特に現在主流となっている光回線を使っていない場合、まだADSLの利用をしているなら
なるべく早くにサービスの乗り換えを考える必要があります。

確かにADSLはまだサービス提供されていて、一部地域では安定した回線としても
人気があるのですが。

すでにNTTでも光回線のサービス利用可能地域ではADSLサービスの終了を発表
他の企業でもサービスの終了を発表しています。

これから先もインターネット回線はライフラインの1つとなることが予想できるので
使い続けるためにサービスの乗り換えを考えることをおすすめします。

とりあえず端末とルーターの再起動をやっておく

Wi-Fiの電波があるのに繋がらないという場合には、まずどこに原因があるのかを
確認することがおすすめです。

でもとりあえずやっておくのは、端末とWi-Fiルーターに回線終端装置の再起動です。
これらのどこかに不具合があると、電波があるのに繋がらないということも多いです。

そして端末やWi-Fiルーターの細かい不具合なら再起動だけで簡単に解消できるので
とりあえず再起動をしておく、というのはおすすめなのです。

特に端末はスマホやタブレットPCの場合、スリープモードにして電源を切らずに
使い続けているという方も多いはず。

スリープモードだと余計なキャッシュがメモリなどに溜まっていて不具合が起きる
ということも考えられます。

その余計なキャッシュを取り除くには、専用アプリなどを使うよりも再起動をする
という方が簡単で確実です。

またWi-FiルーターやONUなど回線終端装置も常に電源を入れっぱなしにしている
機材なのでやはり余計なキャッシュが溜まりやすいので。

こちらは電源ボタンが付いていない商品も多いので、電源を抜いてちょっと放置してから
電源を入れ直すという方法になります。

再起動をかけるなら端末とWi-Fiルーターなどを同時にやっておけば、それほど大きな
手間もかからずに不具合が解消されるという可能性も。

まずはネット接続に使っている機材の再起動をやってみましょう。
それで繋がるようになればかなり簡単に問題解決になります。

   
   

まずは端末と回線関係のどちらに原因があるか確認する

端末とWi-Fiルーター、回線終端装置の全ての再起動をしても繋がらないならどこかに
何かの異常があると考えられます。

ただ「どこに異常があるのか」がわからないと対処の方法もないので、まずはどこが
原因でWi-Fiが繋がらないのかを確認しましょう。

まずは繋がらなかった端末以外のデバイスを持っているなら、それを使って
Wi-Fiルーターと繋いでみます。

手元にノートPCやタブレットPCがあるならそれで同じWi-Fiルーターに接続して
インターネット回線に繋いでみるのです。

問題なくインターネット回線に接続が出来れば、繋がらない原因は端末にある
ということになります。

最初に繋がらなかった端末で別のWi-Fi電波に接続する、という方法もやってみましょう。
自宅に家族が使っている別の回線があればそれに接続してみます。

自分でもモバイルルーターの契約をしていれば、そちらに接続してみるのもおすすめ。
別回線で問題がなければ、最初の回線のWi-Fiルーターか回線契約の問題ということに。

自宅に別の回線のWi-Fi電波がなければ、コンビニやファーストフードなどにある
フリーWi-Fiまで足を運ぶ必要がありますが。

まずはどちらに問題があるのかを確認して、どこに原因があるのかを確かめてから
対策をやっていきましょう。

使っているWi-Fiの周波数帯を変更してみる

端末に異常が見られない場合、Wi-Fiルーターや回線契約荷なにかの問題がある
と考えられます。

そこでまずはWi-Fiルーターの使っている電波を変更してみましょう。
最近のWi-Fiルーターは2つの周波数帯電波を使い分けることが出来ます。

以前から使われている2.4GHzと高速通信が可能な5GHzの2つの周波数帯電波を
どちらも使える、というWi-Fiルーターは今ではかなり一般的です。

当然端末、スマホなども両方の周波数帯電波に対応していることが必要ですが。
いつも使っている周波数帯電波とは違う電波で接続できるか試してみましょう。

接続する周波数帯電波の切り替えは、接続するSSIDを変えることで可能になります。
端末が受信しているWi-Fi電波には同じWi-Fiルーターから2種類の電波があります。

多くの機種ではSSIDに「A」の文字が含まれていれば5GHzの周波数帯で
SSIDに「G」の文字が含まれていれば2.4GHzの周波数帯電波となります。

大文字や小文字の違いはありますが、初期設定だとWi-Fiルーターの型番にどちらかの
アルファベットが付いている、というのが一般的です。

違う周波数帯の電波を使う理由は、電波の特徴が関係してきます。
それぞれ詳しく説明しましょう。

5GHz電波は他の電化製品との電波干渉が少ない

5GHzの周波数帯電波は他の電化製品で使われることがまずありません。
Wi-Fi電波が他の家電の電波と干渉して、通信ができなくなることがないのです。

2.4GHzの周波数帯電波は他の無線機材でも多く利用されています。
例えばパソコンで使われるBluetoothも2.4GHzの周波数帯電波です。

また家電が動くときのノイズが2.4GHzの電波に干渉を起こすということも多く
有名なのは電子レンジや冷蔵庫のそばではWi-Fi電波が繋がらないのです。

この電波干渉が原因でWi-Fiの電波があるのに繋がらない、という状況なら
5GHzの周波数帯を使うことで解消される可能性があると考えられます。

2.4GHz電波は障害物に強く、遠くまで届く

2.4GHzの周波数帯電波は確かに電波干渉を起こしやすいというデメリットがあります。
ただし電波的な特徴としては、遠くまで届きやすいのです。

障害物を避けて通ることが出来るので、間に壁などがあってもなんとか隙間を通って
電波が届くことが多いのです。

5GHzの周波数帯電波は直進性が高いために障害物で反射をしてしまいます。
つまり障害物の後ろには電波が届きにくい、という状況になります。

更に5GHzと2.4GHzのそれぞれの周波数帯の電波の届く距離を確認してみると
2.4GHzの周波数帯電波のほうが遠くまで届くことがわかっています。

つまりいつも使っている位置から端末を遠くまで持っていった場合には、2.4GHzの
電波を使ってWi-Fi接続するほうが安定することが多いのです。

SSIDとパスワードの再入力をしてみる

自宅で使っているWi-Fiルーターとの接続のときには、記録してある接続設定を使って
繋げているという人が多いはずです。

わざわざ毎回SSIDとパスワードを入力している、という方はいないかと。
でも状況によってはSSIDとパスワードを入力し直したほうがいい場合もあります。

例えば以前に別のWi-Fi電波を使ってインターネット回線接続をした場合に、接続設定が
変わってしまっているという可能性も考えられます。

Wi-Fi電波があるのに繋がらない、というならその可能性も考えて一度SSIDと
パスワードを再入力してみましょう。

現在記録されているSSIDとパスワードを消去、その後で同じ電波への接続を選ぶと
SSIDとパスワードの入力を求められます。

記録しているSSIDとパスワードの消去方法は端末のOS、AndroidやiOSに
Windows10でも方法が違うので確認をしておきましょう。

記録されている設定が間違っているだけなら、これでWi-Fiに繋がるはずです。

Wi-Fiルーターを繋いでいる固定回線の問題がないか確認

Wi-Fiルーターとの接続も出来る、という状況なら考えられるのはWi-Fiルーターを
繋いでいる固定回線の問題ということになります。

電波干渉や障害物でWi-Fi接続自体が難しい、という状況でもなくスマホなどの端末も
問題なく通信できているなら固定回線がおかしいということです。

現在は光回線が主流ですが、Wi-Fiルーターを接続する固定回線の種類には色々あって
現状でもADSLの契約をしているというユーザーはいます。

それに地域によっては光回線よりもケーブルテレビ回線の方が一般的、というところも
多くあります。

これらの回線がなにかの問題を抱えている場合にもWi-Fiの電波があるのに
インターネット回線に繋がらないという状況が考えられます。

考えられる理由を細かく確認していきましょう。

回線のメンテナンス、プロバイダのメンテナンスが行われている

光回線やケーブルテレビ回線の場合、地域ごとにメンテナンスが行われることが
結構多くあるのです。

この場合にはメールではなくその地域にチラシなどでメンテナンス情報が投函される
ということも多いです。

それを忘れていると、急にインターネットが使えなくなるのでかなり驚いてしまいます。
実際に私もメンテナンスを忘れて焦った、という記憶がありますし。

同じように契約しているプロバイダがメンテナンスをする、ということも。
こちらの場合はメールで連絡が来ることも多いのですが。

最近ではプロバイダメールを使っていない、という方も多くなっているので気が付かない
という場合も。

プロバイダメールも定期的に確認しておくことをおすすめします。

回線の通信障害が起きている

固定回線の場合、あまり頻発はしないのですが通信障害で通信ができなくなることも
考えられます。

特にケーブルテレビ回線の場合、山間部にケーブルを通していると豪雨や土砂崩れで
ケーブルが断線してしまうという状況になることも。

同じように光ファイバーケーブルが何かのトラブルで通信できない、という状況になる
というのも考えられるのです。

通信障害が起きている場合、復旧や通信不能エリアの確認は公式サイトなどで行われ
インターネット接続が出来ない状況では確認が出来ないことも。

いつも使っている固定回線以外の通信方法、インターネット接続方法を用意しておく
というのはいざというときのためにもおすすめです。

速度制限がされている

固定回線ではあまり聞かないのですが、実はスマホの通信速度制限と同じように
使いすぎると通信速度が大きく下げられることも。

ただし固定回線の場合は契約しているプロバイダが制限をかける事が多いです。
そしてデータ通信容量の上限は下りではなく上りが基準になりますが。

固定回線の場合、P2Pによるファイル交換ソフトの悪用を防ぐために既定値以上の
アップロードをするユーザーに対して速度制限をするプロバイダが多くあります。

厳しいところでは月に上り30GB以上のデータ通信をすると光回線でも通信速度を
下り最速128Kbpsまで制限するというプロバイダもあります。

何かの原因で上りのデータ通信容量がプロバイダの制限以上になってしまっている
という可能性も考えられます。

この場合は事前にプロバイダから警告メールが届くはずなので、やはりこまめに
プロバイダメールを確認しておくことをおすすめします。

それとモバイルルーターを契約している場合には、普通に下りのデータ通信容量の
制限を受けることになります。

こちらも通信速度制限がかかる前に事前に警告メールが来るはずなので、登録している
メールアドレスの確認をしておきましょう。

回線が混雑している

光回線でも集合住宅で契約している場合、同時に同じ建物内でインターネット回線を
使っているユーザーが多ければ通信速度が遅くなってしまいます。

それにプロバイダによっては混雑する時間帯に通信速度制限をかける、ということも
行われると言われています。

つまり混雑する時間帯には通信が不安定になり、それが原因でインターネット回線に
繋がらなくなるという可能性もあるのです。

フレッツ光を使っている場合には、IPv6方式の通信サービスに加入することで混雑の解消
それに通信速度の改善も期待することが出来ます。

集合住宅ではない場合でも、地域によっては混雑する時間帯に通信速度が遅くなる
ということも多くあります。

最悪の場合は契約している回線サービスを乗り換える、ということも必要になるかと。
特にADSLのユーザーは乗り換える回線をサービス終了までに選ぶようにしましょう。

   
   

端末が原因の場合は基本的に修理

回線などが原因の場合は色々と対処方法が考えられます。
では端末に原因がある場合にはどうすればいいのでしょうか。

スマホのWi-Fiが電波を受信しない、という状況なら間違いなくWi-Fi機能が
故障しているという状態です。

この場合、ユーザーが自分でWi-Fi受信機能をなんとかすることは出来ません。
素直に修理に出しましょう。

ノートPCの場合も同じで、Wi-Fi機能が故障しているなら基本的にユーザーが出来る
ということがないのです。

一応パソコン本体の機能が壊れていても、USB対応のWi-Fi受信装置というのがあるので
それを購入して使うという方法はあるのですが。

スマホやタブレットPCの場合は本体外部にWi-Fiの受信装置を取り付けることが
出来ないので修理に出すか、機種変更などで本体の交換をしましょう。

モバイルルーターならUSB接続で使える場合もある

固定回線のWi-Fiルーターでは難しいのですが、モバイルルーターのWi-Fi電波と
繋がらない場合には有線接続を試してみるという方法も。

モバイルルーターの機種によってはUSBで端末と接続できるものがあります。
端末に対応しているUSBケーブルが必要ですが、インターネット接続は出来ます。

Wi-Fiでの接続ができないというのはかなり不便なので、一時的な応急処置という
印象が強いのですが。

当然ノートPCやタブレットPCでも対応しているUSBケーブルがあれば直接
モバイルルーターと接続してインターネット回線に繋ぐことが出来るようになります。

ただしモバイルルーターの機種によって、この機能が使えない場合もあるので
事前に確認をしておきましょう。

Wi-Fiの電波があるのに繋がらない時には、慌てずに原因を確認する

端末の故障でWi-Fi電波があるのに繋がらないという場合以外なら必ず対処できる
原因があるということがわかってもらえたかと。

ただ回線やプロバイダのメンテナンスや通信障害の場合は、やはりユーザーが出来る
ということがないので何も出来ないのですが。

基本的には原因を確認して、それに応じた対処方法を行うこと。
落ち着いてやればあまり問題なく、トラブルの回復が出来るはずです。

インターネット回線が使えないと、とにかく焦ってしまう事が多いです。
でもまずは落ち着いて、原因を考えるようにしましょう。

それと簡単な原因でWi-Fi電波に繋がらないという場合も多いです。
まずは端末とWi-Fiルーター、ONUやVDSLモデムなどの再起動をやってみましょう。

これで繋がるようになれば、原因はわかりませんが深刻な問題ではないことも多いので
最初にやってみることをおすすめします。

ただし頻繁に繋がらないなら、やはりどこかに深刻な原因がある可能性は高いです。
この場合は回線業者やプロバイダのサポートセンターに連絡をしましょう。

   
   

-Wi-Fi

Copyright© ソトネット , 2021 All Rights Reserved.