ルーターを2階に設置しても通信できる?

家の中でインターネットを使う時にとても便利なのがWi-Fiルーターです。
無線LANを使って通信が出来るので、ケーブル類が必要ありません。

スッキリとした状況を保つことが出来るというメリットがあるのですが、電波の状況が
悪くなると通信も安定しないというデメリットも。

そこでこのWi-Fiルーターの設置場所はどこがいいのか。
色々と考えてみることにしました。

Wi-Fiルーターを2階に設置するのはあり

例えば一戸建ての場合、当然部屋数も多くなりますがその全ての部屋で安定して
インターネット通信をするためにはどこにWi-Fiルーターを設置すればいいか。

家自体の大きさによっても変わってくるのですが、基本的には家の中心に
Wi-Fiルーターを設置するのがおすすめです。

ただしこれは平均的な意見を言っているだけで、実際にはその人にあった設置場所が
あるということになります。

普段はリビングにいて寝室でもスマホやタブレットPCを使いたい、という方が多い
という予想をもとにして説明しています。

リビングではネット環境を使わずに、仕事部屋のみで使っているというなら仕事部屋で
一番安定する設置場所を考えるべきです。

リビングのテレビをインターネットに有線接続したいからルーターは必ずテレビの近く
という方もいるかと。

それらの状況をあまり考えずに「単純に家中にWi-Fi電波を届けるため」には
やはり家の中央にWi-Fiルーターを設置するのがいいのです。

そして2階建てなら2階部分にWi-Fiルーターを設置するのもおすすめです。
家の状況によっては全体をカバーするのに2階部分が最適という場合も多いので。

電波はWi-Fiルーターを中心に球体状に飛んでいる

2階部分にWi-Fiルーターの設置をおすすめできる理由の1つとして、最近の製品の
特徴も関係しています。

Wi-Fiルーターは規格に適応したWi-Fi電波を飛ばして通信をする事が出来ます。
ではそのWi-Fi電波はどのように飛ばされているのでしょうか。

製品によっても多少変わりますが、基本的にはWi-Fiルーターを中心にした球体状に
電波が飛ばされているのです。

アンテナの向きを変更できるWi-Fiルーターもあるので、全てが同じように電波を
飛ばしているというわけでもありません。

でも基本的には「どこにある端末でも接続できるように全方向に電波を飛ばしている」
という状態なのです。

つまり理論上はWi-Fiルーターを中心に同じ距離なら同じ強さの電波を受信できる
ということになります。

そしてそれは1階と2階という高さが変わっても問題ない、ということなので
Wi-Fiルーターを2階に設置するということもおすすめできるのです。

3階建てなら2階にルーターを設置するのは一般的

一戸建ての場合はもう1つ、3階建ての場合には2階にルーターを設置するのが
一般的となっています。

最近では一般住宅でも3階建てという物件が多くなってきました。
そしてその場合にはWi-Fiルーターを2階に設置することが多いのです。

理由は簡単で、Wi-Fiの電波を建物全てに届けるためには2階に設置することが
一番効率がいいから。

普通に考えても1階部分にWi-Fiルーターを設置して、3階の部屋でインターネットを
使う場合に安定するかは想像がしやすいかと。

また3階部分にWi-Fiルーターを設置する場合には、光ファイバーケーブルを3階部分に
引き込むことが必要になります。

電柱との位置関係を考えるなら、引き込みが出来る場所が少なくなる可能性が高いので
希望の部屋にWi-Fiルーターを設置できないということもあります。

色々な問題点が考えられるので、一般的に3階建ての住宅なら2階部分にルーターを設置
ということになっています。

以前のWi-Fiルーターは本体の上に電波を飛ばしている、と信じられていた

現状ではWi-Fiルーターを2階に設置する、というメリットが多いことが
わかってもらえたかと。

ただ実際に「Wi-Fiルーターは1階と2階のどちらに設置したほうがいい?」という
質問に「1階のほうがいい」と答える人は多いのです。

確かに2階建ての住宅で、電柱から光ファイバーケーブルを引き込む時に電話回線の
引き込み口を使うという場合が多いです。

その時には光ファイバーケーブルは電話のモジュラージャックと同じところに接続し
その近くにWi-Fiルーターを設置するということになります。

これを考えると1階に設置するほうがいい、という意見もわかるのですが。
それ以外に1階のほうがいい理由は全くありません。

でも以前のWi-Fiルーターは電波を本体から上の方に飛ばしている、という話を
信じている人が多かったのです。

確かにかなり初期のWi-Fiルーターでは全方位に電波を飛ばすことが難しかったので
上方に限定していた、という商品もあったのかと。

でも現状では商品によってアンテナの方向を自由に変えることが出来ます。
しかも一般的なモデルでも全方向に電波が発信されています。

つまり1階部分にこだわってWi-Fiルーターを設置する理由はないのです。
下方向にも十分に電波が発信されるので2階でも何も問題はありません。

Wi-Fiルーターの性能を十分に活かすための設置場所を考える

現在のWi-Fiルーターなら全方向にしっかりと電波を飛ばすことが出来ます。
ただし実際にはWi-Fiルーターの設置場所によって十分に性能を引き出せない場合も。

Wi-Fiルーターは電波を飛ばしてネットワーク接続をする機材です。
電波が安定して届かなければ、安定した通信が出来ずに通信速度も上がりません。

ではWi-Fiルーターはどんなところに設置すればいいのか。
それを考えてみましょう。

ただWi-Fiルーターはどんな家でも、どんな状況でも自分の好きなところに設置できる
というものでもありません。

その家の状況、光ファイバーケーブルの引き込み場所、インターネット回線が必要な
部屋や場所という条件でかなり大きく設置場所が変わってきます。

そこでなるべくならWi-Fiルーターを設置しないほうがいい、と考えられるところを
調べてみました。

これらの条件に「なるべく当てはまらない」ところをWi-Fiルーターの設置場所に
選びましょう。

直接床の上に置く

Wi-Fiルーターは全方位に電波を発信することが出来ます。
1つの部屋の中だけを考えても、全体に電波を行き渡らせるには低い場合ちょっと不利です。

これはWi-Fi電波の特徴でもあるのですが、電波自身が直進をしているのではなく
若干弧を描くように飛んでいるのです。

つまり低いところにWi-Fiルーターを置くと、遠くまで電波が届きにくくなる。
そのためにある程度の高さがあるところに設置するほうがいい、と言われています。

全方位に飛ぶ電波を効率良く使うためには、Wi-Fiルーターを1mくらいの高さに設置する
これが効率のいいと言われている高さです。

直接床の上にWi-Fiルーターを設置している人は、置き場所を見直してみましょう。

隅の方に設置する

Wi-Fiルーターの電波の飛ぶ距離というのは全方向で一定です。
当然障害物や電波干渉によっても届く距離は変わってくるのですが。

でもWi-Fiルーターを中心として同じ距離に電波が届く、というのは基本的に全方位で
変わりません。

つまり家の端っこにWi-Fiルーターを設置することは、あまり効率よく電波を使っている
とは言い難くなってしまいます。

最初から説明しているように「Wi-Fiルーターはなるべく家の中心」に設置することがいい
と言われているのはこのためです。

どの部屋からも同じように電波を安定して受信するためには、Wi-Fiルーターとの距離も
考えなくてはなりません。

色々な条件もあるのですが、出来れば隅の方にWi-Fiルーターを設置するのは
止めましょう。

窓際に置く

Wi-Fiルーターは全方位に電波を飛ばすので、窓の近くにあるとそこから多くの電波が
外に出ていってしまうのです。

例えば窓際の、出窓のようなところにWi-Fiルーターを設置した場合にはWi-Fi電波の
半分は外に出ていってしまうという状況です。

こんな状況では部屋の中でも十分にWi-Fi電波が行き届いていない、という状況です。
当然家の中で全ての部屋が安定して通信が出来るという状況になるとは思えません。

それに、そもそもWi-Fiルーターは精密機器です。
熱に強くないので直射日光が当たるところで利用するのはおすすめできません。

長時間の日光に当たることで本体温度が上がり、熱暴走を起こすことも。
その場合に通信に不具合が出るのは簡単に予想できますよね。

位置的にも状況的にも窓際にWi-Fiルーターを設置することはおすすめできません。

家電の近くに設置する

電化製品には多く電波を使う商品があります。
そしてその電波同士がぶつかり合うと「電波干渉」を引き起こすことが多いのです。

電波干渉が起きると、どちらかの電波が弱くなり消えてしまう、または両方の電波が
弱くなってしまうなどの状況が起こります。

Wi-Fiの電波が弱くなれば当然通信の安定性も悪くなり、通信速度が遅くなります。
最悪の場合は通信が出来ない、断線してしまうことも考えられます。

有名なところでは電子レンジを作動している時にはWi-Fiが届かない。
冷蔵庫やコードレスの固定電話、IHクッキングヒーターなども電波干渉を起こします。

更にパソコン関係でもBluetoothはWi-Fiと同じ周波数帯の電波を使っているので
電波干渉を引き起こしやすいのです。

一応Wi-Fiルーターでは利用する周波数帯を2.4GHzと5GHzから選ぶことが出来る
という商品も多くなっています。

家電の近くに設置する場合は利用する周波数帯を5GHzにすることをおすすめします。
こちらは一般的な家電では使われない周波数帯なので干渉が起こらないのです。

水が近いところに置く

あまり知られていないことなのですが、Wi-Fi電波は水が通りにくいのです。
Wi-Fiに限らず電波はみんな水の通り抜けが苦手、ということなのですが。

単純にWi-Fiルーターは精密機器なので水に濡れることで故障をします。
それも避けたほうがいい理由の一つになるのですが。

キッチンなど水を出すことが多いところの近くに設置すると、水が出ているときだけ
電波が不安定になるという状況が多くなります。

安定して通信が出来る状況がインターネット回線では求められるので、不安定に
なりやすい水の近くはあまりおすすめできません。

後はリビングに水槽をおいている、という場合も注意が必要です。
水槽の裏にはWi-Fi電波が届きにくくなるのです。

家の中心になりやすいリビングにWi-Fiルーターを設置することは多いのですが
大型水槽が近くにある場合は、電波がかなり通りにくくなってしまいます。

水があると電波が通りにくい、ということを覚えておきましょう。

2階に設置したWi-Fiルーターの電波を1階に届ける方法

Wi-Fiルーターを2階に設置しても問題なく使えるのですが、どんな家庭でもその状況で
使う事ができるわけではありません。

先ほど説明したように、Wi-Fi電波が届きにくい状況のところに設置しなくてはいけない
ということも考えられます。

当然その場合には1階で安定したWi-Fi電波の受信ができない、ということになる場合も。
そこで、そんな状況でも安定して1階の端末でも受信できるようにする方法を考えます。

コストを考えずに、単純に1階と2階で安定したインターネット回線を使う方法なら
それぞれ別の光回線を使えばいいだけです。

1階と2階にそれぞれ光ファイバーケーブルを引き込んで、Wi-Fiルーターをつないで
接続させればどちらの階でも安定してネットが出来ます。

ただこの方法では回線の月額料金というコストが大きくかかるので、一般的な方法
とは言い難いのですが。

やはりコストのことを考えるなら2階に設置したWi-Fiルーターの電波を安定して
1階で受信できる方法をおすすめします。

中継機を使うと低コストで電波が安定する

コストがあまりかからず比較的簡単な方法としては「中継機を使う」という方法が
おすすめしやすいです。

中継機とはWi-Fiルーターの電波を名前の通り「中継」して遠くまで届かせるための
機材のことです。

中継機を使うことで家の隅々までWi-Fi電波を飛ばすことも、十分に可能になります。
そして中継機自体はかなりお手頃な価格で購入することが出来ます。

商品によって金額が変わるのは当然ですが、それなりの性能の中継機でも2,000円くらい
安いものだと1,000円以下で購入できるものもあります。

ある程度の性能の中継機はセキュリティや使いやすさが高いのでおすすめします。
後はパソコンを使わずに設定ができる商品もおすすめです。

欠点として中継機はWi-FiルーターとSSIDとパスワードが違うので、中継機の
エリアからWi-Fiルーターのエリアに移動した場合に接続のやり直しが必要なこと。

中継機はコンセントに直接挿して使う商品が多いので設置できる場所が限られること。
通信関係に弱い人の場合、若干設定が難しいなどがあります。

でも低コストで十分に家全体にWi-Fi電波を届けることが出来る方法としては
おすすめしやすいのが中継機です。

メッシュWi-Fi対応機種を使う

最近注目されているのが「メッシュWi-Fi」という方法です。
こちらに対応しているWi-Fiルーターも最近ではかなり多くなっています。

ではメッシュWi-Fiとはどんなものなのか。
簡単に言えば親機と子機を使って家中にWi-Fi電波を届ける方法です。

それなら先ほどの中継機と同じでは?と思われる方も多いかと。
確かに似ているのですが、メッシュWi-Fiの場合は子機の働きがちょっと特殊なのです。

中継機と子機の違いとしては、メッシュWi-Fiの子機は親機のSSIDをそのまま端末に
飛ばすことが出来ます。

つまり親機のエリアから子機のエリアに移動しても接続をやり直す必要がなく
移動が簡単になるのです。

更に子機同士を近くに設置すれば、子機の電波の弱さをカバーしあってくれる
というのも特徴的です。

親機と比べると子機の電波は若干弱くなるのですが、それを近くの子機がカバーして
安定した強い電波にしてくれるのです。

メッシュWi-Fiとは、その名前のとおりに「網の目」のように細かく広く家全体に
Wi-Fi電波を届けることが出来るシステムとして注目されています。

デメリットとしては対応商品が子機とセットで発売されているので購入コストが
他のWi-Fiルーターよりもかなり高くなること。

日本でサービスされている高速通信のIPv6方式に対応している商品が少なく
海外のメッシュWi-Fi機種ではほぼ使えないというのがデメリットです。

Wi-Fiルーターは家の中心に設置するのが一番いい

Wi-Fiルーターの設置場所は、効率だけを考えるなら家の中心部に置くことです。
2階建てなら構造を考えても2階部分に設置するのがおすすめです。

ただ色々な状況があって、Wi-Fiルーターを自分の好きなところに設置できる
という人は少ないです。

コンセントの問題、光ファイバーケーブルの引き込み口の問題、使う場所の問題
Wi-Fiルーターの性能の問題などかなり多くの状況が考えられます。

当然引き込み口からWi-Fiルーターまでにある程度の距離を取ることも出来ますが
光ファイバーケーブルはそれほど強いケーブルではありません。

室内で長く設置することに向かないので、引き込み口の側に回線終端装置を設置する
ということが必要になります。

そして回線終端装置からWi-Fiルーターまでに距離を取ることは出来ますが、その場合は
長いLANケーブルを設置する問題が別に発生することに。

そこで私のオススメとしては、先ほど説明した「Wi-Fiルーター設置に向かない場所」を
避けて、なるべく家の中心に設置することです。

ただ状況によってはそれも難しいので、中継機やメッシュWi-Fiを上手に使って家中で
安定したWi-Fi通信が出来るようにしてください。