Wi-Fiが繋がりにくい時、Androidスマホならどうする?

スマホは屋外でも使えるインターネット接続ツールとしてはとても使いやすい端末です。
ただしずっとキャリアの回線で使っていると、すぐにデータ通信容量が足りなくなります。

そこで自宅では固定回線にWi-Fiルーターをつけて使っている、という方も多いはず。
そんな時に突然スマホがWi-Fiに繋がりにくくなったら、焦りますよね?

こんな状況の対処方法を、今回はAndroid端末で解消する方法について確認してみます。

慌てずに原因を確認することが重要

Android端末がWi-Fiルーターに繋がりにくい、という状況はどこかに原因があり
何かの理由があって起きている状況です。

基本的にはなにかの原因が、どこかにあって起きているということになります。
その原因を取り除かなければ、また繋がりにくいという状況が復活します。

焦って色々と、再起動などをしてしまいがちですが、その前に落ち着いて原因となる
場所の特定をすることが再発防止のためにもおすすめです。

確かに急にWi-Fiに繋がりにくくなる、全く繋がらなくなるという状況になると
焦ってしまうのはわかるのですが。

まずは慌てずに、現状を落ち着いて確認しておくことが重要です。
そしてどこに原因があるのか、それを確認してから対処をしていきましょう。

原因の場所は端末、ルーター、回線のどこか

突然Wi-Fiが繋がりにくいという状況になる原因は、大雑把に分けると次の3箇所の
どこかにあるといえます。

それは「端末」と「Wi-Fiルーター」に「回線関係」のどこか、ということになります。
かなり大雑把に分けているので、それぞれ確認をしてみましょう。

「端末」とは普通にAndroid端末だけではなく、パソコン一般、ノートPCや
タブレットPCなども含んでいます。

当然AndroidだけではなくiOSの端末や、もっと言えばスマートスピーカーや家電など
インターネット接続している全ての機材を含めています。

「Wi-Fiルーター」はそのまま、固定回線に接続しているWi-Fiルーターのことです。
ただし「ルーターのどの機能」が原因かを確認することが必要です。

そして「回線関係」はユーザーがどうにもできないもの、という感じでまとめました。
簡単に言えばプロバイダやインターネット回線などです。

これが原因でWi-Fiが繋がりにくい、という状況も考えられるのです。

これらのどこに原因があるのか、それを確認してから対応していくほうがわかりやすく
確認している間に落ち着いて行動することが出来るようになります。

ただし回線やプロバイダが原因の場合にはユーザーが対応できることはない
という状況なのですが。

繋がりにくい場合と、繋がらない場合でも対処方法が違う

単純にAndroid端末がWi-Fi接続しにくい、繋がりにくいという状況と完全に
Wi-Fiでの接続ができない場合では対処方法も違います。

繋がりにくいだけなら、一応インターネット回線への接続ができている状況なので
色々と出来ることもあるのですが・・・

Wi-Fiに繋がらないという状況ではかなり出来ることが限られてしまいます。
それにすぐにでも復旧が必要になる、ということも多いかと。

まずは「Wi-Fiに繋がりにくい」時にどうすればいいのか、考えてみましょう。

Wi-Fiで使われている電波の周波数帯は2種類ある

Android端末がWi-Fiに繋がりにくい、という状況の時に考えられるのは
電波が他の機材と干渉を起こしていること。

元々Wi-Fiとは昔から使われている無線LAN規格の1つで、無線電波を使ってLANの
接続をするための通信規格です。

ちなみに日本国内ではかなり多くの無線LANでWi-Fiを使っているので
無線LANとWi-Fiが同じ意味の言葉として使われています。

実際には無線LAN規格の中の1つがWi-Fiなのですが・・・
現状ではイコールで考えて問題はありません。

そしてこのWi-Fiにも複数の規格があります。
その中で昔から使われている規格では電波の周波数帯が2.4GHzなのです。

でもこの2.4GHzという周波数帯の電波はWi-Fiだけではなく多くの電化製品や
パソコンの周辺機器でも使われています。

そのために電波同士が干渉して通信がしにくくなっている、という状況が考えられる
ということです。

そして現在ではWi-Fiで使われている電波の周波数帯が2.4GHz以外に5GHzという
高周波数帯の電波も使われるようになりました。

最近では電波を選んでWi-Fi接続できるようになっているのです。

電波が繋がりにくいなら5GHzの電波を使ってみる

電波が繋がりにくい原因が電波干渉と考えられるなら、干渉を起こしにくい5GHzの
周波数帯電波を使うのがおすすめです。

電波干渉をおこすと言われている家電は、電子レンジは有名なところでしょうか。
レンジが作動している時にはWi-Fiが繋がらなくなるほどです。

他にも冷蔵庫などもモーター作動時に電波干渉を起こすと言われています。
キッチンでAndroid端末がWi-Fiに繋がりにくいというのは多分これらが原因です。

他にもBluetoothも短距離の2.4GHzの電波で通信をする無線LAN規格の1つで
これもWi-Fiとの電波干渉を起こしやすいです。

パソコンの周辺機器でBluetoothのマウスやキーボードを使っているとWi-Fiルーターと
干渉しやすいと言われています。

ただ現状5GHzの周波数帯電波を使っている機材はWi-Fiルーター以外にあまりなく
こちらの電波は干渉を起こしにくいのです。

それに通信速度も5GHzの電波のほうが速いので、快適にインターネット通信がしたい
という方にもおすすめはしやすいです。

Wi-Fiが繋がりにくいと感じるようなら、Wi-Fiルーターへの接続の電波を5GHzに
変更してみることをおすすめします。

デュアルバンドのWi-Fiルーターなら切り替えは必要ない

ではWi-Fiルーターの電波の周波数帯を変更するにはどうすればいいのか。
まずはWi-Fiルーターがどちらの周波数帯電波も使えることを確認しましょう。

そもそもWi-Fiルーターが5GHzに対応していない場合には、その電波を使うことは
出来ません。

2.4GHzと5GHzの両方が使えるWi-Fiルーターなら、設定画面で使う電波の周波数帯を
設定することが出来ます。

設定画面の表示方法は、それぞれのルーターによって違います。
基本的にはパソコンのブラウザか、最近ではスマホでも設定画面を見ることが出来ます。

ただし、最近のWi-Fiルーターはデュアルバンドという製品が多いです。
これは2つの周波数帯の電波を同時に使う事ができるという製品です。

つまり設定画面で切り替えをすることなく、SSIDをAndroid端末などで選んでから
繋げるだけで使う電波の周波数帯を選ぶことが出来るのです。

初期設定では2.4GHzの電波はSSIDに「G」の文字が含まれています。
5GHzの場合は「A」の文字が入っているはずです。

Wi-FiルーターによってSSIDの途中や最後、大文字や小文字という違いがあります。
でも文字は変わらないのでわかりやすいかと。

Wi-Fiの周波数帯は状況によって使い分けるのがおすすめ

周囲の電化製品やパソコン周辺機器の状況によって電波干渉が起きるなら、当然ですが
5GHzの周波数帯電波を使うことがおすすめです。

でもどんな状況でも5GHzの周波数帯電波を使えばいい、というわけでもありません。
Wi-Fiの電波にはそれぞれに特徴があるのです。

電波干渉を起こしやすい、と言ってもいつでも確実に干渉をしているというわけでもなく
状況によっては2.4GHzの電波のほうが使いやすいという場合も考えられます。

そして5GHzの周波数帯電波にも欠点、というか状況によってはデメリットに感じる
ということもあるのです。

それぞれの周波数帯をどんな状況で使えばいいのか。
特徴と一緒に確認してみましょう。

高速通信が出来るけど、直進性が高い5GHzの電波

まず5GHzの周波数帯の電波ですが、先ほど説明した通りに他の電化製品などと
電波干渉を起こしにくいという特徴があります。

ただし電波の特徴として、直進性が高いという特徴もあるのです。
これは電波が障害物を迂回せずに反射してしまう、という欠点があります。

電波にはある程度の柔軟性があり、障害物を避けて進むことも出来ます。
携帯電話のプラチナバンドは900MHzという低周波数帯で、この回避性能が高いです。

つまり壁などの後ろにいても電波を受信できるのですが、高周波数帯の5GHzでは
高い直進性のために障害物で反射してしまうのです。

壁などの後ろにいると繋がりにくい、という状況になる可能性もあります。
これが5GHzの大きなデメリットになります。

例えばWi-Fiルーターが見えるくらいの位置でAndroid端末を使うなら、高速通信が
出来るので快適にインターネット接続が出来ます。

でも隣の部屋でドアを締め切った状況ではWi-Fi電波が繋がりにくいという状況の
可能性が高くなるのです。

電波が届く距離も5GHzの高周波数帯電波は短いので、一戸建ての別の階にある
Wi-FiルーターにAndroid端末を接続するのは難しいかもしれません。

電波干渉を起こすけど障害物に強い2.4GHzの電波

2.4GHzの周波数帯電波は確かに多くの電化製品で使われ、起動時に電波干渉を起こす
という状況も多いです。

でもWi-FiルーターとAndroid端末の位置関係を考えれば、それほど頻繁に電波干渉を
引き起こすということも考えにくいです。

後は一度に通信ができるデータ通信容量も5GHzに比べると少ないので、通信速度が
遅く感じることもあるかと。

でも2.4GHzの周波数帯電波は障害物を避けて進むことが出来ます。
コンクリート以外の壁なら貫通して進むことも出来る、と言われています。

それに2.4GHzの電波は到達距離が長いので、Wi-Fiルーターから離れたところでも
安定して繋ぐことが出来るというメリットもあります。

状況によっては1階と2階という距離でも問題なくWi-Fi接続ができるので
一戸建てのWi-Fiルーターでは2.4GHzを使うという方も多いです。

中継機やメッシュWi-Fiを使うという方法も

遠くまで電波を飛ばすことが出来る2.4GHzの電波ですが、状況によってはやはり
電波干渉などの問題が発生します。

そこでWi-Fi電波を広く家中に届ける方法として「メッシュWi-Fi」や「中継機」を
使うという方法もあります。

メッシュWi-Fiとは専用の子機を使うことで、親機と同じSSIDで広範囲に電波を
届けることができる様になるシステムです。

はっきり言えば複数台のWi-Fiルーターを使ったネットワークを作る方法なので
電波の切り替えもなく、広く同じSSIDの電波を届けることが出来ます。

ただメッシュWi-Fi対応の機材はかなり高額です。
それを複数台そろえるので初期のコストはかなり大きくなります。

中継機はその名前の通り、Wi-Fi電波を中継するための機材です。
電波を中継するだけなので通信速度が落ちやすいという欠点があります。

それに元々のSSIDと混同してしまうので中継機のSSIDで接続する必要があり
メッシュWi-FiのようにAndroid端末をどこまでも繋いだまま持ち運べません。

でも中継機自体はとても安く、設定なども簡単でコンセントに直差しできる商品も
多いのでかなりお得にWi-Fi電波を広げることが出来ます。

Wi-Fiルーターの電波の利用可能エリアの問題にはこれらの機材も使えば
繋がりにくいという状況の改善が出来るかと。

他にも繋がりにくい原因として考えられることがある

Wi-Fiルーターに繋がりにくい原因として考えられることを確認してきましたが
上記の原因以外にも考えられることはあります。

それをまとめて紹介してみます。
まずは単純なWi-Fiルーターの問題を1つ。

Wi-Fiルーターも色々な機能があるパソコンの周辺機器なので、正常に動かすためには
プログラムが必要です。

それをファームウェアというのですが、基本的にファームウェアはユーザーが自分で
アップデートする必要があります。

パソコンのOSが新しくなった時など、Wi-Fiルーターを動かすためのプログラムも
新しくする必要があるという場合も多いのです。

それをそのままにしていると、Wi-Fiが繋がりにくいという状況になることも
考えられるということに。

最新のファームウェアはWi-Fiルーターのメーカーの公式サイトからダウンロードが
できる様になっています。

それに商品によってはルーターの設定画面から、ファームウェアのバージョンを確認して
こちらからダウンロードできるという場合もあります。

Wi-Fiルーターの接続が不安定になった、と感じるならファームウェアの確認をしてみる
というのもおすすめです。

Wi-Fiの規格が古い

こちらはWi-FiルーターとAndroid端末の両方に言えることですが・・・
対応しているWi-Fi規格が古いという可能性も考えられます。

最新のWi-Fi規格、現状製品化され一般流通しているものではIEEE802.11acという
規格が最新です。

ただ今後は11axという規格、いわゆるWi-Fi6と言われる企画に対応した商品も
多くなりそうですが。

このWi-Fiの規格が古い場合、通信速度が遅くなるなど多くの問題がでてきます。
それが回線自体の不安定さとして実感される、という可能性もあるかと。

Wi-Fi規格はルーターと端末、どちらも対応していて初めて使う事が出来ます。
Wi-Fiルーターが最新でもAndroid端末が古いと11acでの接続ができないことも。

それにWi-Fi規格によっては2.4GHzのみ対応という場合もあります。
それぞれに対応しているWi-Fi規格の確認もしておきましょう。

回線の混雑で繋がりにくいという状況になることも

こちらはWi-Fiが繋がりにくい、ということではなくインターネット回線自体に
繋がりにくいと感じるようになる原因です。

それがユーザーの混雑による通信速度の低下です。
ユーザーが多くなりすぎると、通信速度に制限がかかることが多いです。

また集合住宅の場合、多くのユーザーが一度に使う時間帯には通信速度がとても遅くなる
ということも多いです。

プロバイダの混雑と合わせると、かなりの通信速度の低下になるということも。
こちらに関してはユーザーが出来ることも少ないのですが。

混雑する時間帯を避けてインターネットをする、といってもいつ混雑が解消されるか
はっきりとはわかりませんし・・・

フレッツ光を使っているならIPv6方式の通信サービスに加入すると、混雑の解消が
できるという可能性はあるのですが。

モバイルルーターの場合は時間帯の他にも、接続する場所によって混雑している
という可能性もあります。

回線自体の混雑で繋がりにくい、という状況もあることを覚えておきましょう。

Wi-Fiに完全に繋がらないときの対処方法

Wi-Fiに繋がりにくい時の対処方法を確認してきました。
では完全にWi-Fiに繋がらない時の対処方法についても確認してみましょう。

Android端末がWi-Fiに繋がらないという場合にやることは簡単です。
順番に試してみて、繋がらない原因がわかったら対処をするだけです。

ただ原因によってはユーザーが出来ることはありません。
この辺りは繋がりにくい、というときと同じですが。

原因を調べる前に、基本的なことだけは確認しておきましょう。
固定回線の月額料金支払いをしているか、スマホのWi-Fi機能をONにしているか。

それに単純ですが、スマホを再起動してみるというのもおすすめです。
スマホがかんたんな不具合を起こしている場合はこれで解消できます。

状況によってはスマホを「機内モード」にしているという可能性もあります。
まずはこれら基本的なことを確認してから、原因を調べてみましょう。

Wi-Fiルーターに有線LANで接続してみる

まずはWi-Fiルーターにパソコンなど有線LANでの接続ができる端末をつないで
インターネット接続できるか、確認してみましょう。

インターネット接続ができれば、Wi-FiルーターのWi-Fi機能が原因で繋がらない
ということがわかります。

次に別の確認をして更に原因を調べてみましょう。

有線LANでも繋がらないならWi-Fiルーター自体の不具合ということになります。
この場合はWi-Fiルーターを再起動してみることをおすすめします。

先ほどのスマホの再起動と同じで、簡単な不具合でインターネット接続が出来ないなら
再起動だけで解消できることも多いのです。

再起動しても繋がらなければ故障している可能性が高いかと。
修理や交換を考えましょう。

他の端末でWi-Fi接続できるか確認する

繋がらなかったAndroid端末以外の端末でWi-Fiルーターに接続してみます。
他に端末がなければ、最後の確認作業に行きましょう。

他の端末でWi-Fi接続ができるなら、問題は先ほどのAndroid端末にあることに。
もう1つ別の確認をしてみましょう。

別の端末でもWi-Fi接続が出来ないなら、やはりWi-Fiルーターが原因と考えられ
再起動などの対応が必要になります。

Wi-Fiルーターのメーカーのサポートなども使ってみるといいかもしれません。

それとWi-Fiルーター以外、ONUやモデムなども繋がらない原因になっている可能性は
あると思われます。

ONUなども一度再起動してみる、というのもおすすめです。
Wi-Fiルーターを再起動する時に、一緒にやってみましょう。

Android端末を別のWi-Fiに接続してみる

この確認をする、ということは今までの確認で有線LAN接続ではインターネットに
繋ぐことが出来て、更に別の端末もWi-Fi接続ができるという状況です。

後はこのAndroid端末がWi-Fi接続出来るのか、を確認するだけということに。
別のWi-Fiネットワークに繋いでみることにします。

自宅に別のWi-Fiネットワーク、モバイルルーターや家族が別で契約している回線の
Wi-Fiルーターなどに先ほどのAndroid端末を繋いでみます。

近所にフリーWi-Fiなどがあればそちらでもかまいません。
コンビニやファーストフードのWi-Fiに繋いでみましょう。

他のWi-Fiネットワークに接続ができれば、自宅の特定のWi-Fiルーターのみ繋がらない
ということになります。

この場合は接続設定がおかしくなっていることが考えられるので、SSIDやパスワードを
確認してみましょう。

他のWi-Fiネットワークにも繋がらない、というならAndroid端末のWi-Fi機能が
故障していることも考えられます。

一度端末を再起動、OSのアップデートの確認などをやってみましょう。
それでもだめならキャリアのショップや購入店舗に相談してみましょう。

フリーWi-Fiはログインが必要な場合もあるので注意

ファーストフードのフリーWi-Fiは、会員登録をしてログインが必要という場合もあります。
他にも購入したときのレシートにログインパスワードがある、ということも。

また一部のフリーWi-Fiでは一時的に仮会員として利用できる、という場合もあります。
この時にはWi-Fi接続していても、通信をしていないということもあります。

他にも専用のアプリをダウンロードすることが条件という場合もあります。
色々な条件があるので、確認してから使うようにしましょう。

Wi-Fiに繋がりにくい時にも落ち着いて対応することが重要

Wi-Fiというかインターネット回線に繋がらないという時にはとても焦ってしまい
落ち着いて対応することが難しい場合も多いです。

ただ繋がらない原因には回線の不具合、通信障害なども考えられるのでまずは落ち着いて
状況を確認することが重要です。

Wi-Fiに繋がりにくい、という状況でも同じようにまずは状況を確認してから原因を
突き止めることが対処方法としてはおすすめです。

でも繋がらない場合と違って、繋がりにくい場合には現状で対応できないということも
多く、機材の購入などコストがかかる場合もあります。

快適にインターネットを使うためには、安定したWi-Fiの接続がとても重要なので
出来る限り状況改善する方法を試してみることをおすすめします。