野良wifiの危険性、勝手に接続しないためには?

外でインターネットを利用する際に便利なのが「公衆WiFi」です。

カフェやコンビニの公衆WiFiは誰でも無料で利用できて、スマホの通信量を
使い切ってしまった時やノートパソコンで作業したい時などに重宝します。

ただ無料で使える公衆WiFiの中には利用に大きなリスクを伴うものもあり、
特に「野良WiFi」と呼ばれるものを使って通信するのは危険なんです。

そこで
 ・野良WiFiとは一体どういったものなのか
 ・野良WiFiを利用するリスク
 ・野良WiFiを使わないようにするための対策
などについて詳しく見ていきましょう。

野良WiFiってどんなもの?

野良WiFiは、飼い主の居ない野良犬や野良猫などと同じで、
所有者が誰か分からない公衆WiFiのことです。

カフェやコンビニなどで利用できる公衆WiFiは、
そのお店の経営者や運営会社が提供しているので野良WiFiではありません。

外出時にスマホを使っていると、
急に「利用可能なネットワークを検知しました」みたいな通知が出たりしますよね。

こういった通知は公衆WiFiの電波をスマホが拾った場合に出るんですが、周辺に
カフェやコンビニなど公衆WiFiを提供してそうなお店や施設が無いこともあります。

このようなどこが提供しているか分からない公衆WiFiは、
野良WiFiである可能性が高いんですね。

野良WiFiにはセキュリティ対策が施されていない

誰が提供しているか分からない野良WiFiは、
セキュリティ対策が施されていないと思って間違いありません。

カフェやコンビニなどが提供している公衆WiFiは、メールアドレスなどを登録して
パスワードを発行してもらわないと使えないことがほとんどです。

しかし野良WiFiは、登録はもちろんパスワードも無しで接続できてしまいます。

WiFiのパスワードは「通信の暗号化」に欠かせないもので、そのパスワードが
設定されていない野良WiFiは通信が暗号化されていないってことなんですね。

暗号化されていない通信は、
通信関連の知識がある人にかかると簡単に覗くことができます。

通信内容が見られるだけでは済まず、通信内容から個人情報を盗まれたり、
下手をするとスマホやパソコンが乗っ取られることもありますよ。

悪意で野良WiFiを提供しているケースも

誰でも簡単に使えるようにという善意でパスワード無しの野良WiFiを提供している
ケースもありますし、ミスでパスワードが設定されていないなど意図せず野良WiFiに
なってしまっているケースもあります。

しかし野良WiFiには、個人情報を盗んでやろうスマホを乗っ取ってやろうといったことを
目的として提供されるものもあるんですね。

WiFiを利用する側からすると、善意で提供されているものか意図せず野良WiFiに
なってしまったものか悪意で提供されているものかを見分けることはできません。

無用なトラブルを避けるためにも、誰が提供しているか分からない野良WiFiは
極力使わない方が良いというわけです。

野良WiFiを利用するリスク

野良WiFiを利用するリスクとしては、先にも挙げたように
 ・個人情報を盗まれる
 ・スマホやパソコンが乗っ取られる
といったことがあります。

例えば野良WiFiの提供者や同じ野良WiFiの利用者に暗号化されていない通信を
見られ、SNSやLINEなどのIDやパスワードを盗まれることがあります。

時折SNSやLINEが乗っ取られたといったニュースを見ることがありますが、
これは野良WiFiを使ってIDやパスワードが盗まれているケースが少なくありません。

SNSやLINEが乗っ取られるぐらいならまだマシで、
野良WiFiでの通信中にネットショッピングやネットバンキングを利用すると、
クレジットカード情報や金融機関の口座情報も盗まれてしまいます。

野良WiFiの利用が、クレジットカードの不正利用や金融機関口座の犯罪利用などに
繋がってしまうこともあるんですね。

野良WiFiを提供する側にもリスクはある

先にも書いたように、野良WiFiの中には善意で提供しているものもあれば、
パスワードの設定ミスで意図せず野良WiFiになってしまったものもあります。

野良WiFiを利用する側だけではなく、
実は野良WiFiを提供する側にもリスクはあるんです。

例えば、特定の人物への誹謗中傷やイタズラの犯罪予告などをネット掲示板に
書き込む際に野良WiFiが利用されます。

また迷惑メールを大量送信するのに、野良WiFiが使われるといったケースもあります。

犯罪予告に自分が提供している野良WiFiが使われると、
当然警察の捜査対象になってしまいます。

さらに「あそこの店のWiFiから犯罪予告が書き込まれた」という噂が流れて、
新しい誹謗中傷のターゲットになることも考えられます。

ですから自分が経営しているお店で公衆WiFiを提供する際は、
お客さんが多少不便になっても、ちゃんとセキュリティ対策を施さないといけませんよ。

本当にあった野良WiFi事件簿

野良WiFiを使ったことで、犯罪に巻き込まれることも含めて、
実際に様々な被害に遭っているケースがあります。

野良WiFiを使ってスマホで通信している時に、
通販サイトでクレジットカードを使って買い物をしました。

その数日後にクレジットカード会社から電話がかかってきて
 ・最近カードを使ったのはいつですか?
 ・この利用料金に覚えはありますか?
などと聞かれて自分のクレジットカードが不正利用されていることが分かった、
なんてことも実際にあるんですね。

野良WiFi利用がきっかけでスマホが使えなくなった人も

また「誰でもタダで使えるWiFi」ぐらいの感覚で野良WiFiを使っていると、
スマホに大量の迷惑メールが送られてくるようになりました。

単なる迷惑メールではなく、
こちらの個人情報をある程度知っているような内容のメールも含まれていました。

色々と調べた結果、迷惑メールの原因が野良WiFiの利用にある可能性が高いことが
分かり、スマホを初期化してメールアドレスも変え、外出時はWiFi機能を
OFFするようにしました。

迷惑メール以上の被害は無かったものの、野良WiFiで個人情報を盗まれたことが
トラウマとなり、スマホを使うことを止めて仕事以外ではインターネットを使えなくなった、
という人も居ます。

セキュリティの甘い公衆WiFiを使って100万円の被害

あるファストフード店で公衆WiFiを使おうと店員さんに声をかけると、
「パスワード無しで利用できます」と言われました。

パスワード無しは手軽で良いと思って、スマホの通信量を使いたくない時は
そのファストフード店に行って公衆WiFiを使っていました。

ところがある日、利用していた仮想通貨のサイトを確認すると所有していたはずの
仮想通貨が全て無くなっていたんです。

ファストフード店のパスワード無し公衆WiFiを使ったことで仮想通貨の取引情報が
流出して、100万円近くの価値があった仮想通貨も盗まれてしまった、
という被害事例も実際にあるんですね。

このファストフード店が善意で提供しているパスワード無し公衆WiFiを
第三者が悪用して、ファストフード店の公衆WiFiを利用した人が被害に
遭ってしまったということです。

公衆WiFiに施されているセキュリティ対策ってどんなもの?

スマホやポケットWiFiを使った通信やカフェやコンビニなど提供者が分かっている
公衆WiFiの多くには、ちゃんとしたセキュリティ対策が施されています。

スマホなどの回線や公衆WiFiなど外でも使えるインターネット回線に施される
主なセキュリティ対策は、
 ・接続時の認証
 ・通信の暗号化
の2つです。

「接続時の認証」は、インターネット回線の提供者が利用者を
「正当な接続相手である」と確認して回線の利用を認めることです。

「通信の暗号化」は、
インターネット回線の利用者・回線事業者・利用するインターネットサイトの
運営者以外には通信の内容が分からないようにする仕組みのことです。

接続時の認証には「PSK」と「EAP」の2種類がある

公衆WiFiなどのセキュリティ対策として使われている接続時の認証には
 ・PSK
 ・EAP
という2種類の方式があります。

まず「PSK」は「Pre-Shared Key」の略で、
公衆WiFiの提供者が設定したキー(パスワード)とWiFi利用者が
入力したキー(パスワード)が一致するかどうかという認証方式です。

パスワードが一致すれば公衆WiFiを使うことができ、
一致しなければ公衆WiFiに接続することができません。

カフェやコンビニなど不特定多数の人が利用する公衆WiFiや
家庭の光回線を無線化する市販のWiFiルーターなどは、
このPSK方式を使っていることが多いですね。

パスワード入力が不要な場合もある「EAP」方式

もう1つの認証方式である「EAP」は「Extensible Authentication Protocol」の略で、
WiFiに接続する側の端末が持つ固有の情報を使って認証する方式です。

PSK方式と同じようにIDとパスワードを使うこともありますが、公衆WiFi側が
スマホやパソコンの固有情報を読み取って自動的に接続できることもあるんですね。

EAPは主に企業で利用されており、社内ネットワークに予め登録してある端末以外で
アクセスできないようにするのに使われていたりします。

またドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯キャリアが提供している公衆WiFiにも、
EAP方式が使われています。

例えばドコモで回線契約しているスマホ・タブレットを持ってドコモのWiFiスポットに
近づくと、WiFiスポットがスマホやタブレットのSIM情報を読み取って自動的にドコモの
公衆WiFiに接続されます。

通信が暗号化されているかどうかよりも、どの方式で暗号化されているかが重要

次は「通信の暗号化」で、公衆WiFiを使う上で通信が暗号化されていることは
もちろん重要ですが、どの方式で暗号化されているのかということも重要なんです。

暗号化にはいくつかの方式があり、まずWiFi自体に施されている暗号化方式として
 ・WEP
 ・WPA
 ・WPA2
といったものが挙げられます。

「WEP」はWiFiにおいて最も初歩的な暗号化方式で、
現在では簡単に解読できるようになってしまっています。

ですから家庭用のWiFiルーターでも、
比較的新しい機種では暗号化方式としてWEPを採用していません。

「WPA」は先のWEPを、「WPA2」はWPAのセキュリティ性能を強化したもので、
現状では「WPA2>WPA>WEP」の順に安全性が高いんですね。

WPA2も完璧ではありませんが、WEPやWPAに比べると安全性は高いですから、
公衆WiFiを利用する場合はWPA2を採用しているものを使うようにしましょう。

インターネットサイトに施されている暗号化方式

インターネットのセキュリティ対策として、
WiFiではなくインターネットサイトに暗号化方式が使われていることがあります。

それが「HTTPS」という暗号化方式です。

このHTTPSという暗号化方式は、簡単に言うと、ユーザーとインターネットサイトの間の
通信を封書で行うようなものなんですね。

暗号化されていないサイトとの通信はハガキで行うようなもので、簡単ではないものの、
通信内容を見ようと思えば見ることができます。

しかしHTTPSで暗号化されているサイトとの通信であれば、
通信内容が「封筒」に入っているので、簡単に見ることはできないんですね。

クレジットカード情報や金融機関の口座情報を入力する場合は、
サイトがHTTPSで暗号化されているかどうかは結構重要ですよ。

通信が暗号化されているかどうかはどうやって確認する?

公衆WiFiは「WPA2で暗号化されているものを使え」と言われても、
公衆WiFiの暗号化方式をどうやったら確認すれば良いか分からないですよね。

まずiPhoneで公衆WiFiの暗号化方式を確認するには、
「設定」から「Wi-Fi」の項目を選びます。

WiFi機能をONにすると利用可能なWiFi一覧が表示されますが、
それぞれのWiFiの名前(SSID)の右側に南京錠のような錠前のマークが付いていれば、
そのWiFiは何らかの暗号化が施されています。

この段階で錠前のマークが付いていないWiFiは暗号化が施されていませんから、
接続しない方が良いですよ。

次に暗号化方式の確認ですが、
錠前のマークが付いているWiFiのSSIDをタップします。

WPAやWPA2が採用されているWiFiであればWiFiの詳細情報が表示されるだけ
ですが、WEPだと「安全性の低いセキュリティ」というメッセージが表示されます。

ちなみに錠前のマークが付いていないWiFiのSSIDをタップすると、
「セキュリティ保護されてないネットワーク」という表示が現れます。

AndroidスマホでWiFiの暗号化方式を確認

Androidスマホの場合も、
「設定」から「Wi-Fi」の項目へ進んで利用可能なWiFi一覧を表示させます。

SSIDの右側にあるWiFiマークのところに錠前のマークが付いていれば
何らかの暗号化が施されている、錠前のマークが付いていないと暗号化が
施されていないことが分かります。

WiFiのSSIDをタップすると詳細情報が表示され、
その中の「セキュリティ」という項目のところに暗号化が施されていれば
「WEP」「WPA」「WPA2」のいずれかが記載されています。

パソコンでWiFiの暗号化方式を確認

ノートパソコンで公衆WiFiを利用する場合もあるでしょうから、
パソコンでWiFiの暗号化方式を確認する方法も紹介しておきます。

OSがWindows10の場合、画面右下にあるタスクトレイのネットワークのアイコンを
クリックして利用可能なWiFi一覧を表示させます。

WiFiのSSIDの下に「セキュリティ保護あり」と表示されていれば、
そのWiFiはWPAもしくはWPA2で通信が暗号化されています。

暗号化されていないもしくはWEPで暗号化されている場合は、
SSIDの下に「オープン」と表示されます。

WiFi接続後にプロパティを開くと、暗号化方式がWPAかWPA2かが確認できますよ。

暗号化されているサイトを見分ける方法

利用するインターネットサイトがHTTPSで暗号化されているかどうかを確認するのは、
WiFiの暗号化方式を確認するよりも簡単です。

インターネット回線に接続したスマホなりパソコンでブラウザを起動させて、
確認したいインターネットサイトにアクセスします。

サイトにアクセスしている状態で画面上部のアドレスバーに錠前のマークが
表示されていれば、そのサイトはHTTPSで暗号化されていることが分かります。

アドレスバーに錠前のマークが付かないサイトはHTTPSで暗号化されていないので、
通信の安全性に少し不安があります。

自分が公衆WiFiの提供者になる場合

自分が経営しているお店などにお客さん用の公衆WiFiを設置する場合は、
通信の安全性を確保することが重要です。

WPAやWPA2で通信を暗号化することはもちろん、ネットワークを分離してWiFiを
利用している端末同士で通信ができないようにすることも必要です。

またお店の公衆WiFiを利用したお客さんがトラブルに巻き込まれないように、
アダルトや犯罪関連のサイトにアクセスできないようにフィルターをかけておくのも
良いですね。

さらにお客さんが公衆WiFiを利用するために登録した、
メールアドレスなどの個人情報の取り扱いにも細心の注意を払わないといけません。

NTT東日本・西日本などには安全な公衆WiFiを提供するためのサービスも
ありますから、自分が公衆WiFiの提供者になる場合はそうしたサービスを
利用すると良いですよ。

公衆WiFiが野良WiFiかどうかを見分けるには

野良WiFiを見分けるには、公衆WiFiの名前であるSSIDを見る方法があります。

SSIDに「Free」とか「Public」といった単語が含まれているものは、
セキュリティ対策が施されていない野良WiFiである可能性が高いです。

それから
 ・FON_FREE_INTERNET
 ・FON
 ・0001softbank
というSSIDのWiFiもセキュリティ対策が施されていない場合が多くなっています。

SSIDにFreeなどの「怪しい」単語が含まれている公衆WiFiを見つけたら、
先に紹介したようにスマホの「設定」から「Wi-Fi」へ進んでセキュリティ情報を
確認しましょう。

比較的安全な公衆WiFiのSSIDを偽装した「なりすまし野良WiFi」もある

実は、通信が暗号化されているカフェやコンビニなどの公衆WiFiになりすました
野良WiFiもあるんです。

カフェやコンビニなどに行くと、そのお店で利用できる公衆WiFiのSSIDや
パスワードを教えてもらうことができますよね。

実はWiFiのSSIDは変更することが可能で、
カフェなどで利用できる公衆WiFiと全く同じSSIDの野良WiFiも存在します。

こうした「なりすまし野良WiFi」は、
明らかに悪意を持って個人情報を盗む目的で設置しています。

ですから有名なカフェやコンビニなどの公衆WiFiと同じSSIDだからと言って、
盲目的に接続してしまうのは危険です。

まずはスマホの「設定」→「Wi-Fi」で利用可能な公衆WiFiのセキュリティ情報で、
しっかり通信が暗号化されていることを確認してから接続するようにしましょう。

なりすましで無くても通信が暗号化されていない公衆WiFiは使わない方が良い

カフェやコンビニなどのお店が提供している公衆WiFiの中には、
セキュリティ対策が施されていないものもあります。

メールアドレスなどの登録だけで、
パスワード無しで接続できる公衆WiFiは通信が暗号化されていません。

実際に全国チェーンのカフェが提供している公衆WiFiには、
WiFiのSSIDに錠前のマークが付いていない(セキュリティ対策が施さていない)ものも
少なからずあります。

いくら有名なカフェが公式に提供している公衆WiFiでも、
セキュリティ対策が施されていないと危険です。

なので有名店の公衆WiFiだからと安心せずに、
セキュリティ対策が施されているかどうかを確認してから接続しないといけませんよ。

野良WiFiに接続しないようにする

セキュリティ対策が施されていない野良WiFiは極力使わない方が良いんですが、
スマホの設定によってはWiFiの電波を見つけると自動的に接続してしまう場合が
あります。

知らない内に野良WiFiに接続してしまってトラブルに巻き込まれないように、
WiFiに自動的に接続しないようにスマホの設定を変更しておかないといけません。

一番手っ取り早い方法は、iPhoneでもAndroidスマホでも外出時には
「WiFi機能をOFF」にしておくことです。

WiFi機能をOFFにすればWiFi自体ができなくなるので、
スマホが野良WiFiの電波を見つけても自動的に接続することは無くなります。

ただこの方法だと、WiFiを使いたい時にはWiFi機能をONに、
使いたくない時はOFFにするというように常時設定変更が必要になってしまいます。

WiFiが使える環境でもスマホのWiFi機能がOFFになっていることで、スマホの回線で
通信してスマホの通信量を使い切ってしまうこともあるので注意が必要ですね。

特定のWiFiだけ自動的に接続するには

使いたいWiFiには自動的に接続されて、
野良WiFiなど使いたくないWiFiには自動的に接続されないようにすることもできます。

まずiPhoneの場合は、「設定」→「Wi-Fi」へ進んでWiFi機能をONにして
利用可能かWiFi一覧を表示させます。

自動的に接続したくないWiFiのSSIDの一番右側にある「i」のマークをタップし、
「自動接続」のタブをOFFにしておきます。

これで野良WiFiなどの使いたくないWiFiには自動的に接続されなくなりますが、
自動接続の設定変更ができるのは1度も使ったことがあるWiFiだけです。

スマホがこれまでに使ったことが無い野良WiFiを見つけると、
自動的に接続してしまうので注意しましょう。

Androidスマホで個別にWiFiの自動接続を設定する

Androidスマホでも先のiPhoneと同じように、
使いたいWiFiだけを自動接続するように設定変更することができます。
(機種によってはできないこともある)

「設定」から「Wi-Fi」の項目へと進み、
WiFi機能をONにして利用可能なWiFi一覧を表示させます。

自動的に接続したくないWiFiのSSIDをタップするか長押しすると、
自動接続の設定ができるのでOFFにしておきます。

もし個別に自動接続の設定ができない機種であれば、利用可能なWiFi一覧が
表示されたら画面右上の縦に3つ点が並んでいるアイコンをタップします。

画面が切り替わったら「保存済みネットワーク」へ進み、
自動的に接続したくないWiFiのSSIDを削除すればOKです。

こちらもiPhone同様、これまでに利用したことが無いWiFiを見つけた場合には
自動的に接続してしまう恐れがあります。

公衆WiFiを利用する際に注意すべきこと

セキュリティ対策が施されていない野良WiFiはもちろん、
セキュリティ対策が施されている公衆WiFiでも絶対安全ということは無いんですね。

とは言え、野良WiFiよりセキュリティ対策が施されている公衆WiFiの方が
安全なのは間違いありません。

なので公衆WiFiを利用する場合には、
まずその公衆WiFiの暗号化方式を確認しておきましょう。

できればWPA2、少なくともWPAで暗号化されている公衆WiFiだけ使うようにして、
カフェなどが公式に提供している公衆WiFiでも暗号化されていないものやWEPで
暗号化されているものは使わないようにした方が良いです。

反対に、錠前のマークが付いていてセキュリティ対策が施されている公衆WiFiで
あっても、誰が提供しているか分からない場合はやはり使わない方が賢明ですね。

公衆WiFiでは重要な通信はしない

セキュリティ対策が施されている公衆WiFiでも、
個人情報などの入力が必要な重要な通信はしないようにしましょう。

例えば、クレジットカード番号を入力するネットショッピングであったり、口座情報を
入力するネットバンキングやオンライントレードは公衆WiFiでは止めた方が良いです。

さらにサイト登録やアプリのダウンロードで、IDやパスワードを設定するといった作業も
公衆WiFiに接続している時はしない方が良いですね。

また身体のコンプレックスに関するサイトなど、公衆WiFiに接続している時には
利用していることを知られたくないサイトにアクセスしないようにしましょう。

公衆WiFiを利用している時は、
とにかく他人に知られると困る内容の通信はしちゃダメってことです。

公衆WiFiで重要な通信をする場合はHTTPSで暗号化されているサイトを利用

場合によっては、外出先で公衆WiFiを使って個人情報を入力するような
重要な通信をせざるを得ないケースも無いとは言えません。

もし公衆WiFiで重要な通信をする場合には、
サイトがHTTPSで暗号化されているかどうかを確認しましょう。

サイトにアクセスした状態で、アドレスバーに錠前のマークが付いていればHTTPSで
暗号化されているサイトだと分かります。

ただしこれはあくまで非常手段であり、重要な通信をする場合はスマホの回線など
より安全が確保されているインターネット回線を使うようにしましょう。

VPNで野良WiFiも安全に使える?

周りに野良WiFi以外の公衆WiFiが無い、スマホの通信量も使い切ってしまっている
といった状況で重要な通信をすることもあるかもしれません。

そういう場合には「VPN」というサービスを使うことで、
野良WiFiでも比較的安全に使うことができるようになります。

VPNは「Virtual Private Network」の略で、簡単に言うと、
自分で通信を暗号化できるサービスのことなんですね。

VPNには無料のサービスと有料のサービスがある

VPNサービスには無料で使えるものと料金が必要なものがあります。

まず無料で使えるVPNサービスとしては
 ・TunnelBear VPS&WiFi Proxy
 ・VPNネコ
 ・HotspotShield VPN&WiFiProxy
 ・VPN Master
 ・Aloha Browser
などがあります。

「TunnelBear VPS&WiFi Proxy」のみ月500MBの通信量制限がありますが、
それ以外は通信量無制限で利用可能です。

有料で使えるVPNサービスは
 ・ノートンWiFiプライバシー(年額2,990円~)
 ・ソースネクストWiFiセキュリティー(年額2,980円~)
 ・カスペルスキーセキュアコネクション(月額480円、年額2,900円)
 ・トレンドマイクロ フリーWi-Fiプロテクション(月額280円、年額2,600円~)
などがあります。

有料だけあって無料のものよりは高性能で、複数の端末できたり、
24時間年中無休でサポートが受けられたりします。

VPNサービスを使うことで情報が盗まれることも

無料にしろ有料にしろ、VPNサービスを利用することで野良WiFiでも比較的安全に
通信することができますし、暗号化されている公衆WiFiならさらに安全性が高まります。

とは言え、
VPNサービスを利用すれば100%安全に通信できるというわけでもありません。

VPNサービスを利用した場合、通常
 ・ユーザーのスマホなど⇔公衆WiFi ⇔インターネットサイト
とデータをやり取りするところを
 ・ユーザーのスマホなど⇔公衆WiFi ⇔VPN事業者⇔インターネットサイト
とVPN事業者を通してデータをやり取りすることになります。

VPN事業者を通すことで通信が暗号化されるわけですが、このVPN事業者が
通信内容を盗み見て個人情報などを収集しているケースがあります。

基本的にVPNサービスは、
公衆WiFiなどWiFiを安全に利用するためのサービスですが、
VPNサービスを利用することでかえって通信が危険に晒されることもあるんですね。

野良WiFiを使って重要な通信をしても大丈夫?

野良WiFiを使って個人が特定できるような内容の通信をしたからと言って、
通信内容が全て流出してしまうわけではありません。

例えば「LINE」はアプリ自体にメッセージや通話を暗号化する機能が備わっているので、
野良WiFiに接続してLINEで友人とやり取りしてもその内容を覗き見られる心配は
ほとんど無いんですね。

またネットバンキングができる金融機関のサイトもHTTPSで暗号化されているので、
口座情報や個人情報が流出する危険性は低くなっています。

ただしLINEはアプリのバージョンが古いと暗号化が十分に機能しないこともあるので、
LINEアプリは常に最新の状態にしておく必要があります。

またHTTPSで暗号化されているサイトの通信内容も、
100%漏れないというわけではありません。

なので万が一野良WiFiでネットバンキングなどをしてしまった場合は、
セキュリティ対策が万全なインターネット回線を使ってログインIDやパスワードを
変更しておいた方が良いですよ。

野良WiFiは使わないに越したことは無い

いくらアプリやサイトに暗号化の機能があっても、
セキュリティ対策が施されていない野良WiFiは使わないに越したことはありません。

ですから間違って野良WiFiに接続してしまわないように、
外出時はスマホのWiFi機能をOFFにしたり、
特定のWiFi以外は自動で接続しないように設定変更しておくことが重要です。

また野良WiFiでない公衆WiFiを使う場合でも、ちょっとした調べ物をするだけなど、
他人に見られても良いような内容の通信に留めておきましょう。

公衆WiFiはあくまで、
スマホの通信量を使い切ってしまっている場合などの非常手段でしかありません。

外出時も安全にインターネットを使うのであれば、スマホやポケットWiFiといった
より強固なセキュリティ対策が施されているインターネット回線を使った方が良いですよ。