外でインターネットする方法まとめ・無料の公衆WiFiはおすすめしない理由

カフェやファミリーレストランに行くと、
ノートパソコンで何か作業をしているビジネスパーソンを見かけることあります。

お店を利用するお客さん用のインターネット回線を使っていることは分かるけど、
どうすればお客さん用のインターネット回線が使えるのかがよく分からなかったりします。

また公園のようなインターネット回線なんて無さそうなところでノートパソコンを
開いているのを見ると、なぜインターネットが使えているのすら分からないですよね。

実はノートパソコンなど回線契約していない機器を
外でインターネットに接続することって、そんなに難しくないんです。

そこで回線契約していないノートパソコンなどを外でインターネットに接続する方法を
詳しく紹介しましょう。

外でインターネットを使うのに必要なのはWiFi?無線LAN?ポケットWiFi?

外でインターネット接続する方法を、それこそインターネットで調べると
 ・WiFi
 ・無線LAN
 ・ポケットWiFi
 ・モバイルルーター
 ・WiMAX
 ・LTE
などの「専門用語」が出てきます。

これらの言葉の意味がある程度分かっていることを前提に説明しているサイトも多く、
初心者からすると何が何か全く分からないんですよね。

そこで外でインターネットを使う方法を紹介する前に、
これらの言葉の意味や定義などを簡単に説明しておきましょう。

WiFiと無線LANは同じもの?

まず「WiFi」と「無線LAN」ですが、これは全く同じものと思っておいて問題ありません。

光回線などのインターネット回線にパソコンなどを接続するのには、
「LANケーブル」という物理的なケーブルを使って有線接続するのが一般的でした。

この物理的なLANケーブルの代わりに電波を使って、
無線でインターネット回線に接続することを「無線LAN接続」と言うんですね。

その無線LAN接続に使う電波の規格の1つが「WiFi」で、
現在身近で使われている無線LAN接続のほとんどがWiFiとなっています。

なので一般的にはWiFi以外の無線LAN接続を使う機会が無いので、
「無線LAN=WiFi」と考えて問題無いわけです。

WiFiだけじゃインターネットは使えない

無線LANやWiFiはインターネット回線に接続するための
LANケーブルの代わりでしかありません。

なので家電量販店や通販サイトで、「無線LANルーター」とか「WiFiルーター」を
購入するだけではインターネットに接続することはできません。

家の中でインターネットを使うには、無線LANやWiFiを使って接続する大元の光回線などの
インターネット回線の契約が必要なんです。

大元なる光回線があって、その光回線とパソコンなどの機器を無線LANやWiFiで
接続することでインターネットを使えるようになるんですね。

WiFiや無線LANを使うのに料金はかからない

WiFiや無線LANは、単にインターネット回線とパソコンなどの機器を接続する
LANケーブルの代わりでしかないので、利用するのに料金はかかりません。

もちろんインターネット回線を利用する料金は必要ですし、
WiFiや無線LANを使うために必要なWiFiルーターや無線LANルーターを
購入したりレンタルするのにもお金はかかります。

しかしWiFiや無線LANそのものを使うのには、一切料金は発生しないんですね。

ですから光回線などを契約する時に「WiFiを使うと別料金が発生します」と言われたら、
騙されている恐れがあるので警戒しましょう。

外でインターネットを使う場合はWiFiを使うのが基本

自宅でインターネットを使う場合には、LANケーブルを使った有線接続も可能です。

ただ外でインターネットを使う場合には、
LANケーブルを使った有線接続を利用することはほとんどありません。

自宅以外で有線接続を使うことがあるとすれば、
ネットカフェやレンタルオフィスなどを利用する場合ぐらいです。

ですから外でインターネットを使う場合には、基本的にWiFiで接続することになります。

ポケットWiFiとかモバイルルーターって何?

外でインターネットを使うのに必要な機器として、
「ポケットWiFi」や「モバイルルーター」といったものがあります。

ポケットWiFiやモバイルルーターは持ち運び可能な通信機器で、ポケットWiFiや
モバイルルーターにパソコンやスマホを接続することで外でもインターネットが使えます

現状外でインターネットを使う主な方法の1つが、
このポケットWiFiやモバイルルーターなんですね。

ちなみに、ポケットWiFiやモバイルルーターとパソコンやスマホといった機器を
接続するのにも先のWiFiが使われています。

ポケットWiFiやモバイルルーター自体がインターネット回線に繋がっているので、
基本的に回線契約が必要で利用料金も発生します。

しかし外でインターネットするためにポケットWiFiやモバイルルーターを利用する場合は、
光回線などのインターネット回線を別途契約する必要はありません。

外でインターネットするポケットWiFiとモバイルルーターは同じもの

先にWiFiと無線LANは同じものと考えてOKと書きましたが、
ポケットWiFiとモバイルルーターも同じものと考えてOKです。

厳密に言うと、モバイルルーターが一般名詞で、ポケットWiFiは商品名となります。

日本におけるモバイルルーターサービスの先駆け的存在が、
現在のワイモバイルの前身の1つである「イーモバイル」という会社でした。

そのイーモバイルが販売していたモバイルルーターの商品名がポケットWiFiで、
現在でもワイモバイルやソフトバンクではポケットWiFiの商品名が使われています。

当時の主なモバイルルーターサービスはイーモバイルぐらいだったので、
イーモバイルの商品名であるポケットWiFiが一般名詞化したんですね。

ですから現在では、ワイモバイルやソフトバンク以外のモバイルルーターのことを
ポケットWiFiと言っても通じますし、反対にワイモバイルやソフトバンクの
ポケットWiFiをモバイルルーターと言っても通じますよ。

WiMAXとLTEはモバイルルーターで使うインターネット回線のこと

WiMAXやLTEは、
ポケットWiFiやモバイルルーターで使うインターネット回線のことです。

家の中でインターネットするには光回線(インターネット回線)が必要でした。
外でインターネットするにはWiMAXやLTEというインターネット回線が必要なのです。

ちなみに、大手キャリア・格安SIM関係なく、回線契約しているスマホを
インターネットに接続する際に使う回線は基本的にLTEです。

ですから、外でインターネットに接続する場合はWiMAXかLTEのいずれかの回線を
使うことになるケースが多いんですね。

サービスによっては、WiMAXかLTEどちらの回線を使うか選べたり、
多少制約はあるものの両方の回線が使えることもあります。

WiMAXとLTEの違いは?

WiMAXとLTEの違いは、簡単に言うと使っている「電波」です。

WiMAXが2.4GHzという比較的高い周波数の電波を使うのに対して、LTEは
700~900MHzと1.5~2.1GHzとWiMAXよりも低い周波数の電波を使っています。

電波は、周波数が高いほど通信速度が速くなり、
周波数が低いほど遠くまで届きやすいという特性があります。

ですから周波数の高い電波を使うWiMAXの方が通信速度が速く、
周波数の低い電波を使うLTEの方が対応エリアが広いんですね。

ただしこれはあくまで一般論で、利用するエリアによってはLTEの方が
通信速度が速いこともありますし、WiMAXの方が繋がりやすいこともあります。

自宅で使うWiFiは固定回線+WiFiルーター

自宅でWiFiを使いたい場合は、
光回線などの固定回線とWiFiルーターを使うのが一般的です。

まず光回線など大元となる光回線などのインターネット回線を契約します。

その大元となるインターネット回線に、家電量販店や通販サイトで販売されている
WiFiルーター(あるいは無線LANルーター)を繋いで無線化します。

これだけで自宅でWiFiが使えるようになり、
あとはパソコンやスマホなどをWiFi接続すれば良いだけです。

自宅でWiFiを使うのにどれぐらいのお金がかかる?

WiFiを使うこと自体は無料ですが、
WiFiを使ってインターネットに接続できるようにするにはお金がかかります。

まず大元となる光回線などのインターネット回線を自宅で使えるようにするのに、
開通工事費と毎月の利用料金が必要です。

さらに、その大元のインターネット回線を無線化するのに必要な
WiFiルーターも購入しないといけません。

光回線の開通工事費は、キャンペーンで無料になったり実質無料になることは
ありますが、15,000~30,000円ぐらいです。

利用料金は、一戸建てだと月5,000円前後、
マンションなどの集合住宅だと月4,000円前後というのが一般的です。

WiFiルーターは自宅の間取りに合ったものが必要で、
 ・ワンルーム・・・2,000~5,000円
 ・2LDK・・・5,000~10,000円
 ・3LDK・・・10,000円以上
というのが大体の相場です。

自宅で使うWiFiルーターは外では使えない

インターネットに詳しくないと、自宅で使うWiFiルーターを持って行けば、
外でもインターネットが使えるんじゃないかと勘違いしているケースが少なくありません。

先に書いたようにWiFiはLANケーブルの代わりでしかありませんから、
WiFiルーターそのものにはインターネットに接続する機能は無いんです。

ですから光回線などのインターネットに繋がる回線が無いと、
WiFiルーターだけではインターネットは使えないんですね。

また自宅で使う据え置き型のWiFiルーターにはバッテリーが搭載されていないので、
外に持って行っても何の役にも立ちませんよ。

外でインターネットを使う様々な方法

外でインターネットを使うには、
 ・カフェやファミリーレストランなどの公衆WiFiを利用する
 ・ポケットWiFiやモバイルルーターを使う
という2つの方法が一般的です。

カフェやファミリーレストラン、コンビニなどに、
「WiFi使えます」といったようなステッカーが貼られているのを見たことがありますよね。

こういったカフェなどで使えるWiFiを「公衆WiFi」と言い、
自宅以外でWiFiを使う主な方法の1つとなっています。

カフェなどでは登録のみで料金不要ということも多いですが、
料金を払わないと使えない公衆WiFiもあります。

また中には料金どころか登録も不要で、
特定の場所に行くだけで使える公衆WiFiもありますよ。

外でインターネットするためにポケットWiFiやモバイルルーターを使う

ワイモバイルやUQWiMAXなどのポケットWiFiやモバイルルーターを使うことでも、
外でインターネットに接続することが可能となります。

カフェなどにある公衆WiFiは公衆WiFiがある場所に行かないと使えませんが、
ポケットWiFiやモバイルルーターは持ち運び可能なので基本的にどこでも使えます。

カフェやファミリーレストランでノートパソコンを使っている人は、
先の公衆WiFiを使ってインターネットに接続している可能性が高いです。

しかし公園などの屋外でノートパソコンを使っている場合は、
ポケットWiFiやモバイルルーターを使っている可能性が高いんですね。

外でインターネットを使うのにお金はかからない?

外でインターネットを使う主な方法は
 ・公衆WiFiを利用する
 ・ポケットWiFiやモバイルルーターを使う
の2つです。

この内1つ目の「公衆WiFiを利用する」という方法であれば、
外でインターネットを使うのにお金はかかりません。

公衆WiFiにも料金が発生するものもありますが、カフェやファミリーレストラン、
コンビニなど無料で使える公衆WiFiも少なからずあります。

無料で使える公衆WiFi

外でインターネットするために無料で使える公衆WiFiには
 ・大手携帯キャリアが提供しているもの
 ・カフェなどのお店が独自に提供しているもの
 ・駅や空港などで提供されているもの
 ・役所など公共施設で提供されているもの
などがあります。

こうした無料で提供されている公衆WiFiは、利用に全く条件が無く、
その場に行けば誰でも使えるものもあります。

一方、料金こそ発生しないものの、お店など施設を利用したりサービスに
登録するといった特定の条件を満たさないと利用できないものもあります。

大手携帯キャリアが提供している公衆WiFi

ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯キャリア3社は、
それぞれ独自に公衆WiFiサービスを行っています。

ドコモユーザーであればドコモ、auユーザーであればau、
ソフトバンクユーザー(ワイモバイルユーザーも可)であればソフトバンクの公衆WiFiは
基本的に無料で外でインターネットすることができます。

カフェやコンビニ、駅、空港などに設置されており、それぞれ
 ・ドコモ・・・ドコモダケ
 ・au・・・オレンジのauロゴ
 ・ソフトバンク・・・お父さん犬
のステッカーが貼ってある場所でキャリアの公衆WiFiが使えます。

キャリアの公衆WiFiは基本的に通信制限が無く、
1日の利用回数や1回の通信時間に制限は設けられていません。

auとソフトバンクはそれぞれの公衆WiFiを利用するのに申し込みは不要ですが、
ドコモは別途申し込みが必要なので注意しましょう。

ただし携帯電話やスマホで利用している料金プランによっては、
公衆WiFiを利用するのに別途月額料金が発生する場合もあります。

またキャリアの公衆WiFiが利用できるのはそのキャリアと回線契約している
スマホ・タブレットのみで、回線契約の無いノートパソコン・タブレットでは使えません。
(ドコモの公衆WiFiは使えるが別途料金が発生する)

コンビニの公衆WiFiを使って外でインターネット

コンビニでは、先のキャリアの公衆WiFiとは別に、
コンビニ独自の公衆WiFiも提供しています。

セブンイレブンの「7SPOT」は、セブンイレブン以外に
 ・イトーヨーカドー
 ・デニーズ
 ・そごう
 ・西武百貨店
 ・Loft
 ・アカチャンホンポ
など全国15,000以上の店舗で使えます。

ローソンの「LASON Free Wi-Fi」とファミリーマートの「Famima Wi-Fi」は、
それぞれのコンビニの店舗で利用できます。
(ローソン12,000店以上、ファミリーマート10,000店以上)

キャリアの公衆WiFiは基本スマホだけですが、コンビニの公衆WiFiはスマホ以外に
タブレットやノートパソコンでも外でインターネットが利用できるんですね。

コンビニの公衆WiFiを利用するには、
セブンイレブンとファミリーマートは仮登録→本登録という手続きが必要ですが、
ローソンはメールアドレスを入力するだけでOKです。

ただしコンビニの公衆WiFiには、1日の利用回数や1回の通信時間に制限が
設けられており、
 ・セブンイレブン・・・1日3回まで、1回60分まで
 ・ローソン・・・1日5回まで、1回60分まで
 ・ファミリーマート・・・1日3回まで、1回20分まで
となっています。

ファミリーレストランの公衆WiFiを使って外でインターネット

全てではありませんが、
チェーン店のファミリーレストランでも無料の公衆WiFiが提供されています。

無料の公衆WiFiが使える代表的なファミリーレストランとしては
 ・ガスト、バーミヤンなどのすかいらーくグループ(.Wi2_Free_at_11[SK.GROUP])
 ・デニーズ(7SPOT)
 ・ジョイフル(joyfull-wifi)
 ・びっくりドンキー(FREESPOT)
などで、大手のファミリーレストランチェーンでも
 ・ココス
 ・ビッグボーイ
 ・ロイヤルホスト
 ・サイゼリア
では今のところ無料の公衆WiFiは提供されていません。
(有料の公衆WiFiが利用できる場合はある)

それぞれの公衆WiFiを利用するのに、すかいらーくグループとジョイフルは登録不要、
デニーズは会員登録、びっくりドンキーはメールかSNSでの認証が必要です。

すかいらーくグループの公衆WiFiのみ
 ・1日3回まで
 ・1回60分まで
という制限が設けられています。

デニーズはデニーズアプリ、びっくりドンキーはメールかSNSの認証を利用することで
1日の利用回数も1回の通信時間も無制限となります。
(ジョイフルは特に条件無しで無制限)

ただしデニーズではアプリを使わないと1日3回まで1回60分まで、びっくりドンキーは
認証を利用せずにゲストとしてログインすると1日10分のみの利用となります。

ファストフード店で利用できる公衆WiFi

無料の公衆WiFiが利用できる主なファストフード店は
 ・マクドナルド(マクドナルドFREE Wi-Fi)
 ・モスバーガー(MOS BURGER FREE Wi-Fi)
 ・ロッテリア(ロッテリアWi-Fi)
 ・フレッシュネスバーガー(FRESHNESS FREE WiFi)
 ・ケンタッキーフライドチキン(KFC FREE Wi-Fi)
で、ミスタードーナツは店舗によってはキャリアなどの公衆WiFiが使えますが
独自の公衆WiFiは提供していません。

いずれのファストフード店でも公衆WiFiを利用するには、
メールアドレスを入力するなどの会員登録が必要です。

利用制限は
 ・マクドナルド・・・1回60分まで、利用回数は無制限
 ・モスバーガー・・・1日1回まで、時間は無制限
 ・ロッテリア・・・1日16回まで、1回30分まで
 ・フレッシュネスバーガー・・・利用回数、利用時間とも無制限
 ・ケンタッキーフライドチキン・・・1日3回まで、1回30分まで
となっています。

カフェの公衆WiFiを使って外でインターネット

ファミリーレストラン・ファストフード店と来れば、
カフェでも公衆WiFiが無料で使えるようになっています。

無料で公衆WiFiが使える主なカフェは
 ・スターバックス(Free Wi-Fi at_STARBUCKS_Wi2)
 ・タリーズ(tullys_Wi-Fi)
 ・喫茶ルノアール(Renoir Miyama Wi-Fi)
 ・ベローチェ(velocewifi)
 ・ドトール(Wi2Premium)
 ・プロント(PRONTO FREE Wi-Fi)
 ・エクセルシオール(Wi2Premium)
 ・コメダ珈琲(Komeda_Wi-Fi)
 ・上島珈琲(ueshimacoffee-house-wifi)
などで、有名どころはほとんど使えますね。

ベローチェ・ドトール・プロント・コメダ珈琲・上島珈琲は会員登録やメールアドレスの
登録が必要ですが、それ以外のカフェは登録無しで利用可能です。

公衆WiFiの利用制限は
 ・スターバックス・・・1回60分まで、利用回数は無制限
 ・タリーズ・・・利用回数、利用時間ともに無制限
 ・喫茶ルノアール・・・1日1回まで、1回3時間まで
 ・ベローチェ・・・1日6回まで、1回60分まで
 ・ドトール・・・1回3時間まで、利用回数は無制限
 ・プロント・・・1日3回まで、1回30分まで
 ・エクセルシオール・・・1回3時間まで、利用回数は無制限
 ・コメダ珈琲・・・1回60分まで、利用回数は無制限
 ・上島珈琲・・・1日1回、利用時間は無制限
となっています。

駅や電車の公衆WiFiを使って外でインターネット

駅や混雑している時は使わない方が良いですが電車の中でも、
無料の公衆WiFiが提供されています。

例えば東京都内を走る鉄道だと
 ・JR東日本(JR-EAST FREE Wi-Fi)
 ・東京メトロ(Metro_Free_Wi-Fi)
 ・都営地下鉄(Toei_Subway_Free_Wi-Fi)
 ・京王電鉄(KEIO FREE Wi-Fi)
 ・小田原電鉄(odakyu Free Wi-Fi)
 ・京浜急行(KEIKYU FREE Wi-Fi)
 ・京成電鉄(Free Wi-Fi in Keisei Skyliner、KEISEI Free Wi-Fi)
 ・東武鉄道(TOBU_Free_Wi-Fi)
 ・西武鉄道(SEIBU FREE Wi-Fi)
の駅・電車内で無料の公衆WiFiが提供されています。

京成電鉄以外は公衆WiFiの利用にメールアドレスの登録が必要で、京成電鉄では
乗車券を使って発行したIDとパスワードが無いと公衆WiFiが使えません。

それぞれの利用制限は
 ・JR東日本・・・1回3時間まで、利用回数は無制限
 ・東京メトロ・・・1回3時間まで、利用回数は無制限
 ・都営地下鉄・・・1回3時間まで、利用回数は無制限
 ・京王電鉄・・・制限に関する情報無し
 ・小田急電鉄・・・1回3時間まで
 ・京急電鉄・・・1日3回まで、1回15分まで
 ・京成電鉄・・・1回6時間まで
 ・東武鉄道・・・制限に関する情報無し
 ・西武鉄道・・・1日5回まで、1回30分まで
となっています。

ここで紹介したのは東京都内の鉄道だけですが、
東京都以外の鉄道でも駅・電車内で無料の公衆WiFiが使えますよ。

無料の公衆WiFiが使える航空会社

電車よりも長時間乗っていることが多い飛行機でも、無料の公衆WiFiが使えます。

日本国内の航空会社で無料の公衆WiFiを提供しているのは「ANA」と「JAL」だけで、
LCC各社は公衆WiFiは利用できるものの有料です。

ただしANAもJALも公衆WiFiが無料なのは国内線だけで、国際線は有料です。

いずれも1日の利用回数や1回の利用時間に制限はありませんが、
公衆WiFiが使えるのは離陸の5分後から着陸の5分前の間となっています。
(国際線だと離陸の10分間から着陸の10分前)

空港で使える無料の公衆WiFiを使って外でインターネット

飛行機は搭乗時間も長いですが、
飛び立つまでの待ち時間すなわち空港内で過ごす時間も長いですよね。

国際線が就航する日本の主な空港である
 ・新千歳空港(NewChitose_Airport_Free_Wi-Fi)
 ・成田空港(FreeWiFi-NARITA)
 ・羽田空港(HANEDA-FREE-WIFI)
 ・中部国際空港(FreeWiFi-centrair)
 ・関西国際空港(FreeWiFi@KIX)
 ・福岡空港(fukuoka-ap_Free-Wi-Fi)
などでは、無料の公衆WiFiが使えるようになっています。

関西国際空港のみ登録不要で、
それ以外の空港では公衆WiFiを利用するのにメールアドレスの登録が必要です。

利用制限に関する詳しい情報はありませんが、
空港によって無料の公衆WiFiを使えるエリアが違っています。

中部国際空港と福岡空港は特にエリア制限はありませんが、
 ・新千歳空港・・・国内線、国際線の旅客ターミナルビルと連絡施設
 ・成田空港・・・第1ターミナルと第2ターミナル全域
 ・羽田空港・・・国内線第1・第2旅客ターミナル館内全エリア
 ・関西国際空港・・・第1・第2ターミナル館内全エリア、エアロプラザ館内全エリア
で無料の公衆WiFiが使えます。
外でインターネットすることができます。

これら以外にも「仙台国際空港」や「新潟空港」など、
国際線が就航している空港では無料の公衆WiFiが使えるようになっています。

しかし国内線のみの空港では、公衆WiFiは有料のものか
大手携帯キャリアのものしかないところも少なからずあります。

高速バスで使える無料の公衆WiFiを使って外でインターネット

移動距離は電車や飛行機と変わらないけど、
より乗車時間の長い高速バスでも無料の公衆WiFiが利用できる場合があります。

さすがに全ての高速バス会社ではありませんが
 ・京成バス(Keiseibus)
 ・富士急行(FUJI-Q wifi spot)
 ・しずてつジャストライン(SkyLine SPOT)
 ・西鉄バス(Nishitetsu_Bus)
 ・JR東海バス(JR Tokai Bus Free Wi-Fi)
 ・ジェイアールバス関東(JRbuskanto_free_Wi-Fi
 ・西日本ジェイアールバス(Nishinihonjrbus_free_Wi-Fi)
などの高速バス会社では無料の公衆WiFiが利用できるようになっています。

無料の公衆WiFiが利用できる高速バス会社でも、
路線によっては公衆WiFiがりようできないこともあるので注意しましょう。

地方自治体も無料の公衆WiFiを提供している

企業だけでなく、各地方自治体も無料の公衆WiFiを提供しています。

例えば東京23区だと
 ・港区(Minato_City_Wi-Fi)
 ・千代田区(CHIYODA_Free_Wi-Fi)
 ・中央区(@GinzaFree)
 ・新宿区(Shinjuku Free Wi-Fi_01)
 ・文京区(Bunkyo_Free_Wi-Fi)
 ・台東区(Taito_Free_Wi-Fi)
 ・品川区(2020Shinagawa_Free_Wi-Fi)
 ・大田区(Ota_City_Free_Wi-Fi)
 ・渋谷区(0000Shibuya_City)
 ・中野区(Tokyo_Nakano_Free_Wi-Fi)
 ・豊島区(2020Toshima_Free_Wi-Fi)
 ・葛飾区(Katsushika_Free_Wi-Fi)
 ・江東区(Koto_City_Free_Wi-Fi)
 ・世田谷区(SETAGAYA Free Wi-Fi)
 ・北区(KitaCityFreeWi-Fi)
 ・板橋区(ITABASHI Free Wi-Fi)
 ・練馬区(Nerima_Free_Wi-Fi)
 ・目黒区(Meguro Free Wi-Fi)
 ・杉並区(suginami Wi-Fi)
 ・足立区(あだちFree Wi-Fi)
の20区が無料の公衆WiFiを提供しています。

ちなみに江戸川区・墨田区・荒川区の3区は、
区役所のホームページに公衆WiFiに関する情報がありませんでした。

区によっては区役所などの公共施設だけでなく、主要な駅や公園、繁華街などでも
区が提供する無料の公衆WiFiが使えることもありますよ。

元々は外国人観光客向けに提供している公衆WiFiですから、
別にその区の住民でないと使えないってわけではありません。

東京でも23区以外の市や東京以外の道府県の各自治体も、
それぞれに無料の公衆WiFiを提供しています。

外でインターネットする方法はこんな方法もあるのですね。

無料の公衆WiFiはアプリで簡単に見つけられる

カフェやコンビニなどは店内全域で公衆WiFiが使えますが、
駅や空港とかってなると公衆WiFiが使えるエリアが決まっていたりします。

駅や空港などのようにどこに公衆WiFiが使えるエリアがあるか分からない場合には、
公衆WiFiを見つけるアプリを使うと便利です。

NTTBPという会社の「Japan Connected-free Wi-Fi」、あるいは株式会社タウンWiFiの
「タウンWiFiアプリ」で公衆WiFiを簡単に見つけることができるんです。

カフェやコンビニなどのお店で利用できる公衆WiFiはもちろん、
自治体が提供している公衆WiFiもこれらのアプリでは見つけられます。

外でのインターネットに公衆WiFiを利用する場合には、必携のアプリですよ。

外でインターネットする際に無料の公衆WiFiを使うのは危険?

無料で使える公衆WiFiは、外でインターネットするのに便利な反面、利用にはリスクも伴います。

先に紹介した公衆WiFiの中には、WiFiに接続するのにパスワードが不要だったり、
利用者全員のパスワードが共通だったりするものがあります。

WiFiの接続にパスワードが不要なものは通信が暗号化されておらず、
通信内容を第三者に簡単に覗き見られる恐れがあるんですね。

パスワードが設定されているものは通信が暗号化されているものの、利用者全員が
同じパスワードを使っていると暗号化されていてもほとんど意味がありません。

パスワードが共通だと、同じ公衆WiFiを使っている人の通信内容を覗こうと思えば
覗くことができてしまいます。
(通信関連の知識がそれなりに必要ですが)

通信内容を覗かれるだけならまだマシで、WiFiを通してパソコンやスマホに侵入して
個人情報を盗まれることも無いとは言えません。

さらにパソコンやスマホに遠隔操作できるウィルスを仕込まれ、
パソコンやスマホが第三者に乗っ取られてしまうといった危険性もあるんですね。

通信を覗き見るための野良WiFiなるものもある

無料の公衆WiFiの中には、利用者の利便性を考えて、
あえてWiFi接続にパスワードを設定していないケースも少なくありません。

ところが、利用者の利便性ではなく通信を覗き見ることを目的として、
パスワード無しで使えるようにしている「野良WiFi」と言われるものもあります。

この野良WiFiはパスワード無しで接続できてしまうので、
スマホなどのWiFi設定をちゃんとしておかないと、
知らない内に野良WiFiに接続して通信を覗き見られるなんてこともあるんですね。

無料の公衆WiFiを利用するのは良いですが、
パスワード無しで接続できるようなものは極力使わないようにしましょう。

またスマホなどのWiFi設定も、
利用できるWiFiを見つけてもすぐ接続しないように変更しておいた方が良いですよ。

無料の公衆WiFiを利用して外でインターネットするリスク

無料の公衆WiFiが全て危険というわけではありませんが、
後述するお金を払って外でインターネットを使う方法に比べるとリスクは大きいです。

なので無料の公衆WiFiを利用するのは、
できれば覗き見られてもあまり問題の無い通信をする時に限定しておきましょう。

メールやLINEのやりとりは個人が特定できてしまうので危険ですし、
SNSもIDやパスワードといったログイン情報を盗まれる恐れがあります。

口座情報やクレジットカード情報を入力するようなネットバンキングや
ネットショッピングなんて無料の公衆WiFi接続時には絶対にダメですよ。

ですから無料の公衆WiFi接続時には、
ちょっとした調べ物をするとか暇つぶしにニュースサイトを見るとか、
万が一覗き見られても個人を特定できないようなインターネットの使い方をしましょう。

無料の公衆WiFiで外でインターネットするときは、スマホにVPNアプリを入れておくのも1つの方法

スマホに「VPNアプリ」というものを入れておくと、無料の公衆WiFiに接続する場合でも
通信を覗き見られる危険性を大きく減らすことができます。

VPNは簡単に言うと、WiFiの暗号化とは別の通信を暗号化する技術のことです。

ですから暗号化されない無料の公衆WiFiでの通信も、
スマホにVPNアプリを入れておくことで暗号化されるというわけです。

高性能なVPNアプリは通信の安全性をかなり確保できるものの、
利用に料金が発生します。(月250~500円程度)

もちろん無料のVPNアプリもありますが、性能が多少低かったり、
場合によってはVPNアプリの提供元に通信情報を全て盗まれる恐れがあります。

VPNアプリを使うことで通信速度が遅くなることもありますし、
VPNアプリを使うこと自体に多少のデメリットもあるんですね。

有料で外でインターネットする

無料の公衆WiFiには多少のリスクが伴うので、
安全に外でインターネットを使うのであればお金をかけた方が良いんですね。

お金をかけて外でインターネットを使う方法としては
 ・有料の公衆WiFiを利用する
 ・ポケットWiFiやモバイルルーターを契約して使う
 ・スマホのテザリング機能を使う
などが挙げられます。

これらのお金のかかる方法であればセキュリティがしっかりしていますから、
外でインターネットを使っても通信を覗き見られたり個人情報を盗まれたりする心配が
ほとんどありません。

外でインターネットするのに料金が必要な公衆WiFi

先に無料の公衆WiFiを紹介しましたが、
公衆WiFiには利用するのに料金が必要なものもあるんです。

有料の公衆WiFiの代表的なものとしては
 ・Wi2 300
 ・ワイヤレスゲートWi-Fi
などが挙げられます。

以前は他にも
 ・NTT東日本、西日本の「フレッツ・スポット」
 ・ソフトバンクの「BBモバイルポイント」
といったものもありました。

しかし現在ではNTT東日本のフレッツ・スポットはサービス自体が終了、
NTT西日本のフレッツ・スポットとソフトバンクのBBモバイルポイントは
新規申込受付が終了してしまっています。

全国で20万か所以上にあるWi2 300

有料で提供されている公衆WiFiで最大手と言って良いのが「Wi2 300」です。

月額料金のみで利用できるベーシックエリアが全国に約6万か所、
別途オプション料金が必要なオプションエリアは全国に20万か所以上となっています。

Wi2 300に申し込んでスマホなどで初期設定を済ませておくと、
Wi2 300が使える場所に行くだけでログイン操作不要で接続できます。

月額料金を払って継続して利用することもできますし、ワンタイムプランで
6時間・24時間・3日間・1週間といった短期間だけ利用することも可能です。

Wi2 300の利用料金は
 ・月額料金プラン・・・月額362円
              オプションエリアチケット 1時間100円
 ・ワンタイムプラン・・・6時間 350円
               24時間 800円
               3日間 1,500円
               1週間 2,000円
となっています。(月額料金プランのみ税抜き)

ワンタイムプランではオプションエリアチケットを購入しなくても、
全国20万か所以上のオプションエリアも利用することができますよ。

海外でも利用できるワイヤレスゲートWi-Fi

Wi2 300と並ぶメジャーな有料公衆WiFiが「ワイヤレスゲートWi-Fi」です。

日本国内でワイヤレスゲートWi-Fiが使えるエリアは約4万か所で、
Wi2 300に比べるとかなり少なくなっています。

しかしワイヤレスゲートWi-Fiは海外にも使えるエリアがあり、
全世界2000万か所でワイヤレスゲートWi-Fiが使えるんですね。

ワイヤレスゲートWi-Fiの利用料金は
 ・海外でも利用できるプラン・・・月額590円
 ・日本国内のみで利用できるプラン・・・月額400円
となっています。

日本国内だけで公衆WiFiを利用するなら先のWi2 300ですが、
海外に出かける機会が多いならワイヤレスゲートWi-Fiの方が使い勝手が良いですね。

ポケットWiFiやモバイルルーターなら場所を気にせずインターネットが使える

お金をかけて外でインターネットを使う方法としてもう1つ挙げられるのが、
ポケットWiFiやモバイルルーターを契約して使うということです。

有料でも無料でも、公衆WiFiはカフェやコンビニなど公衆WiFiが使える場所に
行かないとインターネットができません。

しかしポケットWiFiやモバイルルーターであれば、電波が入らない場合もあるものの、
場所を気にせずどこでもインターネットが使えるんですね。

ポケットWiFiやモバイルルーターには主に
 ・WiMAX回線を使うもの
 ・LTE回線を使うもの
の2種類があり、LTE回線を使うものの方が対応エリアが広いという特徴があります。

WiMAXの端末で外でインターネット

WiMAX回線の回線事業者は「UQWiMAX」ですが、UQWiMAX以外にも
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・BroadWiMAX
 ・カシモWiMAX
 ・GMOとくとくBBWiMAX
などがあります。

BIGLOBEWiMAXなどUQWiMAX以外の事業者は、
UQWiMAXからWiMAX回線を借りてサービスを提供しています。

なのでUQWiMAXでもUQWiMAX以外でも、
対応エリアの広さや通信速度などに違いはほとんどありません。

ただ利用料金に違いがあり、通信量が無制限に使えるプランの場合
 ・UQWiMAX・・・月額3,880円
 ・BIGLOBEWiMAX・・・月額3,980円
 ・BroadWiMAX・・・月額3,411円
             (最初の3か月は月額2,726円、25か月目以降は月額4,011円)
 ・カシモWiMAX・・・月額3,480円
             (最初の1か月は月額1,380円、25か月目以降は月額4,079円)
 ・GMOとくとくBBWiMAX・・・キャッシュバック(34,700円)あり 月額4,263円
                   (最初の3か月は月額3,609円)
                    キャッシュバック無し 月額3,480円
             (最初の3か月は月額2,170円、37か月目以降は月額4,263円)
などとなっています。

大体月額3,900円前後が相場で、それより安いところは2年あるいは3年など
利用期間が一定以上になると料金が高くなるケースが多いんですね。

LTE回線を使うポケットWiFiやモバイルルーター

LTE回線を使う主なポケットWiFiやモバイルルーターサービスは
 ・ワイモバイル
 ・ネクストモバイル
 ・どんなときもWiFi
などです。

ワイモバイルとネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線、どんなときもWiFiは
ドコモ・au・ソフトバンク全てのLTE回線が使えるようになっています。

スマホではLTE回線を通信量無制限では使えませんが、
ワイモバイル・ネクストモバイル・どんなときもWiFiはいずれも通信量無制限です。
(ワイモバイルには5GB・7GB、ネクストモバイルには20GB・30GBのプランもある)

ただしワイモバイルで通信量無制限プランを利用する場合は、
ソフトバンクのLTE回線ではなく「AXGP」という別の回線を使うことになります。

現状AXGPの対応エリアはあまり広くなく、
LTE回線はもちろんWiMAX回線よりも繋がるエリアが限られています。

LTE回線を使う主なポケットWiFiやモバイルルーターの通信量無制限プランの料金は
 ・ワイモバイル・・・月額4,380円
 ・ネクストモバイル・・・月額3,100円(25か月目以降は月額3,600円)
 ・どんなときもWiFi・・・月額3,480円(25か月目以降は月額3,980円)
となっています。

大手携帯キャリアにもポケットWiFiやモバイルルーターがあるが・・・

ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯キャリアにも、
それぞれポケットWiFiやモバイルルーターのサービスがあります。

ただ先に紹介したWiMAX回線やLTE回線を使ったサービスに比べると、
大手携帯キャリア3社のポケットWiFiやモバイルルーターは料金が高すぎます。

例えばドコモでスマホと通信量をシェアせずにモバイルルーターを使う場合は、
「ギガホ」もしくは「ギガライト」というスマホと同じ料金プランを選ぶことになります。

ギガホだと月30GBまで使えて月額6,980円、ギガライトは使った通信量に応じて
 ・~1GB・・・月額2,980円
 ・1~3GB・・・月額3,980円
 ・3~5GB・・・月額4,980円
 ・5~7GB・・・月額5,980円
となります。

ソフトバンクのポケットWiFiも月50GBで月額6,480円ですし、auはWiMAX回線の
モバイルルーターを使うサービスで通信量無制限ですが月額4,880円です。

先に紹介したような同じ回線でより安くより大容量のサービスが他にありますから、
正直なところ、大手携帯キャリアのポケットWiFiやモバイルルーターは
料金が高すぎてあまりオススメできないですね。

スマホのテザリング機能を使って外でインターネット

最近のスマホには「テザリング」という機能が標準装備されており、
この機能を使えば回線契約していないノートパソコンやタブレットを
外でインターネットに接続することができます。

テザリングは簡単に言うと、
スマホを先のポケットWiFiやモバイルルーターのように使える機能です。

ですからテザリング機能を使ってスマホとノートパソコンを接続すると、
ノートパソコンはスマホの回線を使ってインターネットに接続できるというわけです。

スマホとノートパソコンなどをテザリングで繋いで使った通信量は、
当然スマホで使った通信量としてカウントされます。

ですから1か月間に使える通信量には限りがあり、先に紹介したポケットWiFiや
モバイルルーター、あるいは公衆WiFiのように通信量無制限で使うことはできません。

テザリング機能を使うのにはお金がかかる

スマホのテザリング機能を使うには大前提としてスマホの回線契約が必要ですから、
スマホの回線契約するのに料金が発生します。

さらにスマホのキャリアによってはテザリング機能を使うのにも、
別途料金が発生するケースがあります。

ドコモは申し込みも料金も不要でテザリング機能が使えますが、
auとソフトバンクは申し込みが必要です。

auでテザリング機能を使うには、大雑把に言うと「ピタットプラン」なら無料、
「フラットプラン」だと月額500円かかります。

ソフトバンクは基本的に月額500円が必要で、「データ定額ミニ」など
一部の旧プランを利用している場合は無料でテザリング機能が使えます。

SIMフリーのモバイルルーターに格安SIMを挿して使うのはアリ?

先に紹介したようなポケットWiFiやモバイルルーターのサービスを使うのではなく、
データ通信専用の格安SIMを契約して、
その格安SIMをSIMフリーのモバイルルーターに挿して使うという方法もあります。

以前なら格安SIM+SIMフリーモバイルルーターで、
モバイルルーターの料金を抑えることができました。

しかし現在は、先にも紹介したようにポケットWiFiやモバイルルーターの料金が
安くなっています。

なので格安SIMをSIMフリーモバイルルーターに挿して使ったとしても、
料金を安くすることには繋がらないんですね。

さらにSIMフリーモバイルルーターは自分で調達しないといけませんし、
格安SIMを挿してからの初期設定も自分で行わないといけません。

いずれも慣れれば難しくありませんし手間もかからないんですが、
初めてモバイルルーターを使うのであれば先に紹介したポケットWiFiや
モバイルルーターのサービスを使う方が簡単ですよ。

海外でもインターネットを使いたい

「外でインターネットを使う」という本題からは少し逸れますが、旅行や仕事で海外に
出かける際、現地で使うインターネット回線に頭を悩ませることがありますよね。

スマホやポケットWiFiをそのまま持って行くだけでインターネットが使えるのか、
使えたとして料金はどうなるのか、といったことが心配です。

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手携帯キャリアには、
海外用の通信プランが用意されています。

海外用の通信プランに申し込み、
スマホを海外で通信できるように設定変更するだけでOKです。

ただし海外用の通信プランは、
1日2,980円など数時間単位や1日単位で別途料金が発生します。

海外用のポケットWiFiやモバイルルーターをレンタルする

日本国内にも、海外で使えるポケットWiFiやモバイルルーターをレンタルしている
サービスがあります。

また海外の空港などには、現地で使えるモバイルルーターやSIMカードを
レンタルしたり販売しているお店があります。

こうした海外で使えるポケットWiFiやモバイルルーターを、
海外に行く前あるい海外に行ってから現地で調達するのもアリですね。

現地でモバイルルーターや格安SIMを調達すると、
設定方法などが書かれている説明書の表記が英語や現地の言語だったりします。

また手続きでも英語などを使わないといけませんから、語学力にあまり自信が無い
場合は渡航前に日本国内でレンタルしておいた方が良いですよ。

海外でも使えるモバイルルーターを契約する

実は先に紹介したポケットWiFiやモバイルルーターサービスの中には、
端末を持って行くだけで海外でもインターネットが使えるものがあります。

先に紹介した中だと「どんなときもWiFi」で、どんなときもWiFiは申し込みも
設定変更も不要で端末を持って行けば海外でもインターネットが使えます。

どんなときもWiFi以外にも
 ・よくばりWiFi
 ・スカイべりー
など、申し込みも設定変更も不要で海外でもインターネットが使える
モバイルルーターサービスがありますよ。

ただしどんなときもWiFiなどでは、
海外でインターネットを使うと1日当たりいくらという形で別料金が発生します。

公衆WiFiを利用するにはどうすれば良い?

外でインターネットを使う方法の1つとして公衆WiFiを紹介しましたが、
公衆WiFiがある場所に行くだけで使えるわけじゃありません。

公衆WiFiを使うには、ノートパソコンやスマホなどの接続設定が必要です。

まずカフェやコンビニなど公衆WiFiが使える場所に行ったら、スマホの場合は
 ・iPhone・・・設定→Wi-Fiへ進み、Wi-Fi機能をONにする
 ・Android・・・設定→無線とネットワーク→Wi-Fiへ進み、Wi-Fi機能をONにする
そうすると利用可能なネットワーク一覧が表示されます。

ノートパソコンの場合は、「設定」から「ネットワークとインターネット」に進んで
Wi-Fi機能をONにして、「利用できるネットワークの表示」をクリックすると
接続可能なWiFiの一覧が表示されます。

表示された一覧の中から、その場で提供されている公衆WiFiの「SSID」を選択すると
IDとパスワードの入力画面が現れるのでIDとパスワードを入力すれば公衆WiFiに
接続できます。

SSIDを選択するとインターネットの画面が立ち上がるので、
メールアドレスの登録など画面の指示に従うことでIDとパスワードが取得できます。

お店によってはIDとパスワードの入力無しで、
利用規約に同意するだけで公衆WiFin接続できる場合もあります。

公衆WiFiのSSIDはお店の人に聞く

場所によっては利用できるネットワークが数多く表示されて、
使いたい公衆WiFiのSSIDがどれか分からないこともあります。

カフェやコンビニなどお店の公衆WiFiを使う場合は、
あらかじめ店員さんにお店の公衆WiFiのSSIDを聞いておきましょう。

公衆WiFiの接続方法が記載されたチラシが置いてあれば、
それを利用するのが確実ですよ。

通販サイトでモバイルルーターを買えば外でインターネットが使える?

アマゾンや楽天市場などの通販サイトでは、
ポケットWiFiやモバイルルーターの端末が販売されています。

ポケットWiFiやモバイルルーターの仕組みをよく知らない人は、
通販サイトでポケットWiFiやモバイルルーターを買うだけで外でもインターネットが
使えると思ってしまいがちです。

実際には、通販サイトで販売されているポケットWiFiやモバイルルーターの多くには、
インターネットを使うのに必要なSIMカードが付いていません。

ですから、別途格安SIM事業者などで契約したデータ通信用のSIMカードを
通販サイトで購入したポケットWiFiやモバイルルーターに挿さないとインターネットは
使えないんですね。

モバイルルーター初心者はUQWiMAXなどのサービスに申し込むべし

初めてポケットWiFiやモバイルルーターを使うのであれば、
通販サイトで販売されているものではなく、
 ・UQWiMAX
 ・BIGLOBEWiMAX
 ・ワイモバイル
 ・ネクストモバイル
などのサービスに申し込む方が簡単です。

これらのサービスでは、SIMカードが挿さった状態の端末が手に入りますし、
インターネット接続に必要な初期設定も事業者側で行ってくれます。

ですからサービスに申し込んで端末が手に入れば、後はスマホやノートパソコンなどで
WiFiの接続設定をするだけでインターネットが使えるようになります。

外でインターネットを使ったらどのぐらい通信量を消費する?

インターネットで使う通信量は場所によって変わるわけではなく、
自宅でも外でも同じ使い方なら同じだけ通信量を消費します。

インターネットで何をするかによって通信量の消費量が変わるんですね。

例えばインターネットで動画を1時間見た場合の通信量は
 ・標準画質(480p)・・・約0.6GB(612MB)
 ・HD画質(720p)・・・約1GB
 ・フルHD画質(1080p)・・・約2GB
となります。

ネットサーフィンの場合は、一般的なニュースサイト1ページを表示するのに
約0.0003GB(300KB)、Yahoo!のトップページだと約0.0004GB(400KB)消費します。

例えばネットサーフィンで1分に1つのサイトにアクセスしたとすると、
1時間で大体0.018~0.024GB(1.8MB~2.4MB)消費することになりますね。

オンラインゲームやスマホゲームは通信量を多く消費する?

パソコンや家庭用ゲーム機でプレイするオンラインゲームは、
通信量を多く消費しそうなイメージもありますが実はそれほど通信量は使いません。

ゲームのジャンルにも因りますが、オンラインゲームを1時間プレイした場合に
消費する通信量は大体0.03~0.1GB(30~100MB)です。

スマホゲームの1時間当たりの通信量は大体0.012~0.6GB(12~600MB)で、
ゲームのジャンルによってはオンラインゲームよりスマホゲームの方が通信量は
多く消費してしまう恐れもあります。

オンラインゲームはプレイよりダウンロードに注意

オンラインゲームはプレイ時よりも、
ゲームデータをダウンロードする時の方が通信量を多く消費します。

最近のオンラインゲームはグラフィックがキレイで、
キャラクターの動きも本物さながらになっていたりします。

そのためオンラインゲームのデータ容量が大きくなっており、ゲームによっては
ゲームデータをダウンロードするのに数十GBの通信量を消費することもあります。

通信量無制限なら良いですが、
月間や3日間などの通信量に制限が設けられているサービスを利用している場合は
ゲームデータをダウンロードする際には注意が必要ですよ。

ポケットWiFiやモバイルルーターはやっぱり無制限プランを選ぶべき?

WiMAX回線やLTE回線を使うポケットWiFiやモバイルルーターの中には、
通信量が無制限で使えるものもありますが、
無理に通信量無制限のものを選ぶ必要はありません。

通信量に制限のあるモバイルルーターと無制限のモバイルルーターでは、
無制限の方を選びたくなりますよね。

モバイルルーターを外だけでなく自宅でも使う場合は、長時間動画を見たりゲームを
したりすることもあるので、通信量は無制限の方が良いです。

しかしモバイルルーターを使うのが外だけというのであれば、外で長時間動画を
見たりゲームをしたりすることは少ないですから、別に通信量無制限は必要ありません。

ネクストモバイルなどのように、
月20GB30GBの大容量が安く使えるモバイルルーターサービスもあります。

ですから自分がポケットWiFiやモバイルルーターをどういう風に使うのかを考えて、
その使い方に合った通信量のプランを選ぶと良いですよ。